• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 現在のシステムの状況を調べる 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 現在のシステムの状況を調べる
$ top

 CPUやメモリー,スワップ領域の使用状況,プロセスの状態などを調べて表示するには「top」コマンドを用いる。CPU時間を多く使っている順にタスクを並べ,一定間隔で表示を更新する。それぞれのステータスの意味を以下の表に示した。


ステータス 意味
PID プロセスID
USER プロセスを実行しているユーザー名
PRI 優先度
NI ナイス(nice)値。nice値はスケジューリングの優先度を示す
SIZE 仮想イメージの大きさ
RSS 使用中の物理メモリー量
SHARE 使用中の共有メモリー量
STAT プロセスのステータス。Rは実行可能,Sは停止,Dは割り込み不可の停止,Tは停止またはトレース中,Zはゾンビ・プロセス,Wはスワップ・アウトしたプロセス,Nはナイス値が正であることを表している
LIB ライブラリが使用するページ・サイズ
%CPU CPU占有率
%MEM メモリー占有率
TIME プロセス開始からの実行時間
COMMAND タスクのコマンド


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る