• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 ファイルの文字コードを変換する 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 ファイルの文字コードを変換する
$ nkf -j euc_file > jis_file

 文字コードを変更するには,「nkf」コマンドを用いる。表のようなオプションを指定することで,それぞれの文字コードに変換できる。標準出力のままでは使いにくいため,ファイルに保存する場合はリダイレクトの“>”や“>>”を用いる。


オプション 出力文字コード
-j JIS (ISO-2022-JP)
-e EUC(Extended UNIX Code)
-s シフトJIS
-w UTF-8


 応用:Windows上で作成したテキストをLinuxに使用できるようにする
$ nkf -e -Lu sjis.txt > euc.txt

 Windowsでは改行記号として“CR+LF”を用いるが,Linuxでは“LF”のみを用いる。「-L」オプションを付けて,続いて「u」を付けた場合は改行記号が「LF」になる。同様に「w」は「CR+LF」,「m」は「CR」になる。例では,文字コードを「EUC」,改行記号を「LF」に変換している。


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る