• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 差分ファイル(パッチ)を作成する 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 差分ファイル(パッチ)を作成する
$ diff -Naru dir1 dir2 > dir.diff

 2つのファイルを比較して,相違点(差分)を抜き出すには「diff」コマンドを用いる。プログラムをバージョンアップする際,すべてを配布し直すのではなく,変更分だけを配布する場合などによく使われる。その際,差分ファイル(この場合は,dir.diff)はパッチと呼ばれることが多い。


 応用:差分ファイル(パッチ)を適用する
$ patch < dir.diff

 配布されているパッチを適用するにはpatchコマンドを使う。ディレクトリの構造を考慮する場合は,「-p数字」オプションを指定し,パッチ・ファイル中に書かれているパス名からいくつかのディレクトリを取り除く必要がある。


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    CPU脆弱性問題、現場への影響を独自調査で明らかにしたい

     「パッチの適用は様子見している。別の問題が起きても困ってしまうからだ」。あるシステム運用企業の社長はこう打ち明けます。2018年1月3日に明らかになったCPUの脆弱性問題。IT各社は急いで修正パッチなどの対策を公開しましたが、この対策が思わぬ余波を引き起こしています。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る