• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 無線LANカードの動作状態を確認する 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 無線LANカードの動作状態を確認する
$ /sbin/iwconfig

 「iwconfig」コマンドを利用すると各種情報を取得できる。


$ /sbin/iwconfig
eth0      IEEE 802.11-DS  ESSID:"linux"  Nickname:"Prism  I"
          Mode:Managed  Frequency:2.437GHz  Access Point: 00:30:F1:3C:XX:XX
          Bit Rate:11Mb/s   Tx-Power=15 dBm   Sensitivity:1/3
          Retry min limit:8   RTS thr:off   Fragment thr:off
          Power Management:off
          Link Quality:92/92  Signal level:-2 dBm  Noise level:-146 dBm
          Rx invalid nwid:0  Rx invalid crypt:1  Rx invalid frag:0
          Tx excessive retries:0  Invalid misc:0   Missed beacon:0
                    :

 「ESSID」は利用しているSSID,「Frequency」は無線LANが利用している周波数,「Access Point」はアクセス・ポイントのMACアドレス,「Bit Rate」は無線LANの転送速度を表す。

 IPアドレスなどネットワーク情報を知りたい場合は「ifconfig」コマンドを利用する(「ネットワーク・カードの動作状況を確認する」を参照)。


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る