• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 ユーザーの有効期限を設定する 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 ユーザーの有効期限を設定する
# usermod -e 12/31/00 hoge-user

 ユーザー・アカウントの有効期限を指定するには「usermod」コマンドに「-e」オプションを付ければよい。有効期限は「月/日/年(西暦下2けた)」で指定する。


 応用:ユーザーのホーム・ディレクトリを変更する
# usermod -d /home/user1/hoge-user -m hoge-user

 「-d」オプションで新しいホーム・ディレクトリを指定してその後に「-m」オプションを付けると,現在のホーム・ディレクトリの中身が新しいホーム・ディレクトリに移動する。


 応用:ユーザー名を変更する
# usermod -l hoge2-user hoge-user

 ホーム・ディレクトリなどの情報は書き換わらない。


 応用:ユーザー・グループを変更する
# usermod -G hoge-group hoge-user

 グループをカンマで区切ることにより,複数のグループを指定できる。


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る