• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 所有者を変更する 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 所有者を変更する
# chown hoge-user target_file

 ファイルやディレクトリの所有者変更は「chown」コマンドで行う。ただし,ルート権限で実施する必要がある。登録されているユーザー名は, /etc/passwdファイルを参照することにより一覧できる。ファイルやディレクトリの現在の所有者を調べたいときは「ls -l」を使用する。


 応用:ファイルやディレクトリの所有者とグループを同時に変更する
# chowm hoge-user:hoge-grp target_file

 「chown」で所有者とグループを同時に変更できる。「所有者:グループ」の順に指定する。ただし,ルート権限が必要である。


 応用:リンク先のオーナーを変更する
# chowm -h hoge-user target_file

 「-h」オプションを付けると,シンボリック・リンクの元ファイルの所有者を変更できる。ただし,ルート権限が必要である。


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    工事進行基準は廃止、受託ソフトの会計処理に新基準

     日本の会計基準を作成する企業会計基準委員会(ASBJ)は2017年7月20日、企業の売上高に関する会計処理を定める「収益認識基準」の草案を公開した。これまで受託ソフトウエア開発に適用されていた工事進行基準を定めた基準が廃止になるため、ITベンダーの会計処理に影響がある。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る