• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 ファイルを消す 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 ファイルを消す
$ rm list.txt

 ファイルを削除するには,「rm」コマンドを用いる。「rm」の後ろに消したいファイルやシンボリック・リンクを指定する。複数ファイルを指定す ると,1度に複数のファイルを削除できる。また,ワイルドカードも使用できる。ただし,この方法ではディレクトリの削除はできない。


 応用:ファイル名にスペースを含むファイルを消す
$ rm "hoge file"

 ファイル名にスペースが含まれている場合,ファイル名をそのまま指定すると,複数のファイルとして認識されてしまう。この場合は,ファイル名を「"」で囲む。


 応用:ファイル名の1文字目がマイナス(-)のファイルを消す
$ rm ./-target_file

 ファイル名がマイナスで始まっているファイルをそのまま指定すると,オプションとして扱われてしまう。この場合は,ファイルをパス付きで指定する。カレント・ディレクトリのファイルの場合にはファイル名の前に“./”を付ける。


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【宅配ピンチ】

    シェアリングエコノミーが突破口に

     人や自動車などの空き時間を共有するシェアリングエコノミーの波が物流業界にも及びつつある。PCやスマートフォンで受けたスポット配送の依頼を、中小の運送会社と直接マッチングさせるサービスが相次ぎ登場。長年続く多重下請け構造を揺さぶり、人手不足の突破口を開く。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る