• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 ファイルをコピーする 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 ファイルをコピーする
$ cp from-file.txt to-directory/
$ cp from-file.txt to-file.txt

 ファイルをコピーしたい場合には「cp」コマンドを用いる。cpの後ろに,コピーしたいファイル名(コピー元)とコピー先を記述する。コピーしたいファイルは1つに限られず,複数のファイル名を記述することもできる。また,ワイルドカードを使った指定も可能である。コピー先にファイル名を指定すると,コピーと同時にファイル名を指定したものに変更する。コピー先に指定したファイルが存在する場合は,上書きされる。上書きする場合に警告が表示されるようにするには,「-i」オプションを付ける。


 応用:ファイルの属性を変更せずコピーする
$ cp -p target_file copy_file

 パーミッションや変更時間,ファイルのオーナーやグループを変更せずにコピーする。


 応用:同名でタイムスタンプが新しいファイルがあるとコピーしない
$ cp -u from-file.txt to-directory/

 「-u」オプションを付けると,同名で更新日が同じかまたは新しいファイルがコピー先ディレクトリにある場合にはコピーしない。


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    「仕様漏れ」に陥らない三つのワザ

     要件定義はとにかく難しい。炎上するプロジェクトはだいたい要件定義が失敗している。「この仕様は間違っている」「この項目がないのはおかしい」などと、プロジェクトの終わりが見えたころに指摘される。仕様書や要件定義書まで戻って変更して、設計・実装のやり直しに追われることになる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る