• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 現在のディレクトリの位置を表示する 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 現在のディレクトリの位置を表示する
$ pwd
/home/hoge-user/work

 現在作業中のディレクトリ(カレント・ディレクトリ)を知るには「pwd」コマンドを使う。結果はルート「/」からの絶対パスで表示される。


 応用:pushdで記憶しているディレクトリを表示する
$ dirs

 pushdコマンドでディレクトリ移動をした場合に保存されているディレクトリを一覧する。出力は,最も左が現在のディレクトリ(カレント・ディレクトリ)で,右に行くほど古いディレクトリとなる。popdコマンドで前のディレクトリに戻る際は,左から2番目のディレクトリに移動する。


$ dirs
/etc /var/log ~/work ~/
$ popd             ←移動先はdirsの左から2番目のディレクトリ
/var/log ~/work ~/


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る