• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 パイプの使い方 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 パイプの使い方

 パイプとはコマンドの実行結果を,次のコマンドの入力として扱えるようにするシェルの機能である。パイプを利用するには,「|」という記号を用いる。すると,左のコマンドの結果を右のコマンドに入力として引き渡すことができる。パイプを用いることで,出力結果をいったんファイルに落とすことなく,複数個のコマンドを1回の操作で実行できるようになる。

 使用例を以下に示した。


ファイル一覧をmoreで閲覧できるようにする
$ ls -l | more

アクセス・ログのうち,"hoge.shtml"に"xxx.yyy.co.jp"から
アクセスしている部分だけをlessで閲覧する
$ grep "/hoge.shtml" access.log | logresolve | grep "xxx.yyy.co.jp" | less


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る