オープンソース/Linux

情報システムのトピックス-PR-

【 rm 】 ファイルやディレクトリを削除する

2006/02/27
 Linuxコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

rm  ファイルやディレクトリを削除する (1)

 構文  
rm [-dfirvR] [--directory] [--force] [--interactive] [--recursive] [--help] [--verbose] name...

 オプション  
-d, --directory ディレクトリごと削除できる。スーパーユーザーのみ使用が可能
-f, --force 警告メッセージを表示しない
-i, --interactive ファイルを削除してよいかを問い合わせる
-r, -R, --recursive ディレクトリ内を再帰的に削除する
-v, --verbose ファイルを削除する前にファイル名を表示する
--help rmコマンドの使用法を表示する
name 削除するファイルやディレクトリを指定する。ワイルド・カードを使用できる

 説明  

指定したファイルを削除する。また,-rオプションを付けるとディレクトリごと削除できる。このとき,警告メッセージが表示される。もし,警告メッセージを表示させたくない場合は-fオプションも同時に指定するとよい。


 使用例  
カレント・ディレクトリ内の拡張子がtxtのファイルを削除する
$ rm *.txt

temp-dirディレクトリを内部のファイルごと削除する
$ rm -rf temp-dir

 関連事項  
cplsmvファイルを消すディレクトリを消す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteでクリップする
  • 印刷する

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld

Twitterもチェック

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

最新号

注目の書籍

好評発売中!

イチからわかる Linuxでパソコンを復活させる本

「Linux」で、サポート切れのWindowsパソコン等を“復活”させるテクニックを解説。