• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド集

【 echo 】 引数に与えられた文字列を表示する

2006/02/27 日経Linux
 Linuxコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

echo  引数に与えられた文字列を表示する (1)

 構文  
echo [-en] [string ...]

 オプション  
-e エスケープ・コードを使用可能にする
-n 最後の改行を出力しない
string 出力する文字列を記述する

 説明  

stringに記述された内容を標準出力に出力する。-eオプションを指定することでエスケープ・コードを使用することができる。エスケープ・コードには以下のような種類がある。


 主なエスケープ・コード  
\a アラーム(ベル)を鳴らす
\b バック・スラッシュ
\c 最後の改行の出力をしない
\f フォーム・フィード(form feed)を作る
\n 改行(LF)
\r 改行(CR)
\t 水平タブ
\v 垂直タブ
\\ バック・スラッシュ
\nnn ASCIIコードが(8進数で)nnnの文字

 使用例  
エスケープコードを有効にして文字列を表示する
$ echo -e "Name\t: hoge"
Name    : hoge

空のファイルtempを作成する
$ echo -n > temp

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る