オープンソース/Linux

情報システムのトピックス-PR-

【 df 】 ディスク・ドライブの使用量を表示する

2006/02/27
 Linuxコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

df  ディスク・ドライブの使用量を表示する (1)

 構文  
df [-aikPvh] [-t fstype] [-x fstype] [--all] [--inodes] [--type=fstype] [--exclude-type=fstype] [--kilobytes] [--portability] [--print-type] [filename...]

 オプション  
-a, --all 空のファイル・システムも含めたすべてのファイル・システムの情報を表示する
-i, --inodes iノードの使用量を表示する
-k, --kilobytes 容量をKバイト単位で表示する
-t, --type=fstype ファイル・システムの種別を指定する
-x, --exclude-type=fstype 表示しないファイル・システムを指定する
-h 容量を適当な単位で表示する
filename 指定したファイルが属しているディスク・ドライブの容量を表示する

 説明  

ファイル・システムについて,使用領域と空き領域のサイズを表示する。標準での表示はファイル・システム名,全容量,使用量,残量,使用割合,マウント・ポイントの順。


 使用例  
ファイル・システムの情報をKバイト単位で表示する
$ df -k
Filesystem           1k-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda2              2732745   1300968   1290456  50% /
/dev/hdb1               998013     23348    923108   2% /usr/local

 関連事項  
dulsディスクの空き容量を表示するファイル・サイズを適当な単位で表示する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteでクリップする
  • 印刷する

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld
ITpro EXPO 2014

Twitterもチェック

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

最新号

注目の書籍

好評発売中!

必ずできる!これから始めるLinux

Linuxが初めての
人でも必ず分かる!
楽しく身に付く
Linuxの入門書