• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 コマンド・プログラムを実行する 】

2006/02/24 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 コマンド・プログラムを実行する
$ ls
$ find -name "log" &
$ ./user-program

 プログラムを実行するには,いくつかの方法があるが,最も 単純なのはプログラム・ファイル名を直接指定することだ。パスを指定しない場合は,パスの通っているプログラムしか実行できない。どこにパスが通っているのかは


$ echo $PATH

で調べられる。

 ホーム・ディレクトリなど,通常はパスを通していないディ レクトリにあるプログラムを実行したいときは,パスを含めて対象プログラムを指定すればよい。例えば,カレント・ディレクトリにあるプログラムであれば,


$ ./program-name

のように,"./"をプログラム・ファイル名の前に付ける。

 最後に"&"を付けると,プログラムがバックグラウンドで動作するため,入力後すぐにプロンプトが戻ってくる。


$ grep "2000/10" temp.log > result &    ←バックグラウンドでの処理
[1] 16550                                ←実行プログラム
のジョブとプロセス番号
$ vi work.text
              ←すぐに次のプログラムを実行できる
        

 なお,自作したプログラムやネットからダウンロードしたプ ログラム(あるいはシェル)を実行するには,ファイルに実行権限を付ける必要がある。権限の変更はchmodで行う。


$ ls -l
-rw-r--r--    1 hoge     hoge-grp     13452 Apr 11 05:34 my-program
↑実行権限がない
$ chmod +x my-program
     ←権限を変更
$ ls -l
-rwxr-xr-x    1 hoge     hoge-grp     13452 Apr 11 05:34 my-program
↑"x"が増え,実行権限が付いた


 応用:現在設定されているパスを確認する
$ echo $PATH

 応用:「/usr/local/bin」にパスを通す
PATH=/usr/local/bin:$PATH

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る