• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
2006/03/01 ITpro
Windowsコマンド集
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順)

msg  ユーザーにメッセージを送信する (標準)

 構文  
Msg{ユーザー名 | セッション名 | セッションID | @ファイル名 | *} [/server:サーバー名] [/time:秒] [/v] [/w] [メッセージ]

 オプション 
ユーザー名メッセージを送る相手先のユーザー名を指定する。
セッション名メッセージを送る相手先のセッション名を指定する。
セッションIDメッセージを送る相手先のユーザーセッションのIDを数値で指定する。
@ファイル名メッセージを送る相手先のユーザー名,セッション名,セッションIDの一覧が格納されたファイルを指定する。
*システム上の全ユーザー宛にメッセージを送信する。
/server:サーバー名メッセージを送る相手先のセッションまたはユーザーのターミナルサーバーを指定する。省略すると,現在ログオンしているサーバーが対象となる。
/time:秒送信メッセージをユーザー画面に表示する時間を,秒単位で指定する。時間の指定を省略すると,ユーザーが[OK]ボタンをクリックするまでの間,メッセージが表示される。
/v操作の説明を表示する。
/wメッセージを受け取ったユーザーからの応答を待つ。相手の応答が遅いと想定できる場合は,「/time」オプションと併用する。「/v」と の併用も効果がある。
メッセージ送信メッセージのテキストを指定する。メッセージを省略すると,入力を要求されるか,標準入力(stdin)からのファイル読み込みとなる。ファイル読み込みの場合は,不等号(<)に続けてファイル名を指定する。

 利用環境  
XP/2003

 説明  
ユーザーにメッセージを送信する。

 使用例  
ログオン中の全ユーザーに "今日の午後1時に集合。" というメッセージを送信する。
msg * 今日の午後1時に集合。

 関連事項  
なし

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【速報】

    ついに破られた「SHA-1」、Googleが衝突攻撃に成功

     米Googleは現地時間2017年2月23日、ハッシュ関数「SHA-1」の衝突耐性を突く実用的な攻撃手段を初めて成功させたと発表した。同社は「SHA-1がもはや安全と言い切れないことが確実になった」とし、より強力な暗号化技術に移行するよう呼びかけている。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る