コラボレーション

解説

なぜ情報共有基盤は活用されないのか、知識リソース有効活用の極意

2014/07/23

オープンテキスト

資料の紹介

 「社内に散在する知識リソースの共有と有効活用」をIT投資の目的として掲げる企業は多い。情報共有のためのシステム基盤を既に導入している企業もあるが、満足のいく活用レベルには至らないケースが少なくない。

 多くの場合、「情報を登録するのが面倒」「登録された情報を探すためのキーワードが分からない」「ワークスタイルを変える必要がある」といった理由から、社員に利用が定着しないことがその根本原因となっている。そのような企業では、依然として、メールと添付ファイルに頼った情報共有をせざるを得ない。

 情報共有システムには、使っていることを意識させず、ユーザーの負担を軽減する工夫が求められる。本資料では、こうした要件を満たす情報共有ソリューションについて説明する。種々雑多な情報を、メールやSNSといったインタフェースの種類に関係なく、全自動で一括管理できることがポイントだ。

本資料の全文を無料でお読みいただけます。

資料ダウンロード

  • PDF
  • 3.88MB

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ