ITpro Activeは、2014年4月23日から5月24日にかけて「タブレット端末の利用実態調査」を実施、計316人から回答を得た。その結果、約8割の読者がタブレット端末を所有済みで、そのうち3割が業務にも活用していることが明らかになった。

 「タブレット端末を利用している」と答えた人は79.7%に上る(図1)。パソコンに取って代わるデバイスとして話題に上ることが増えたタブレット端末だが、話題先行ではなく、既に5人中4人が実際に利用していた。

図1●仕事やプライベートでタブレットを利用しているか
図1●仕事やプライベートでタブレットを利用しているか

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。