2014年4月のWindows XPサポート完全終了は刻々と近づいている。しかし、依然としてWindows XP環境が残存しているユーザー企業も少なくない。これから2014年初頭にかけてPCの刷新に急遽取り組まなければならないユーザー企業は増えてくるだろう。

 XP環境が残存するユーザー企業では、PC刷新の費用捻出に頭を悩ませているケースも多いはずだ。このため「とにかくWindows XPから脱却する」ことのみに、関心が終始してしまいがちだ。しかし、本当にそれで良いのだろうか。PC環境の移行には相応のコストがかかる。だからこそ、後になって「PCの入れ替えをするのであれば、×××も一緒にやっておけばよかった…」と後悔しないように、OS以外の事項も併せて今から取り組んでおいた方が賢明と言える。

 そこで今回は「Windows XPからの移行と同時に取り組んでおくべきこと」を、調査データを踏まえながら探っていくことにする。

「計画はあるが未実施」のユーザー企業が3割強を占める

 まずは現状を確認しておこう。図1は年商500億円未満のユーザー企業に対し、「Windows XPサポート終了への対策実施状況」を尋ねた結果である。

図1●Windows XPサポート終了への対策実状況
[画像のクリックで拡大表示]

 「既に対策を実施中または実施済みである」が4割を超えているが、同時に「計画は立てているが、実施に至っていない」も3割強に達している。これは、「急いでPC刷新の計画を立てたが、費用確保や作業実施などに障壁が生じて実行に移せていない」といったケースと考えられる。

 本稿で特に焦点を当てようとしているのも、こうしたユーザー企業だ。PC刷新に要する費用確保や作業実施に苦慮している企業こそ、この機会を最大限活用するために「それ以外に同時に取り組んでおくべきことはないか」を、今一度検討しておくべきだろう。

 ちなみに年商規模が小さくなるにしたがって「計画そのものが、まだ立てられていない」の割合も高くなり、わすかではあるが「(XPの)サポートが終了することを知らない」というユーザー企業も存在する。引き続き、サポート終了対策の必要性を啓蒙する必要がある状況と言える。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。