エンタープライズアプリケーション

レガシーシステム更新を「動かないコンピュータ」にしないために

目次

2012/11/05

本間 峰一=ほんま コンサルティング事業部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピュータメーカーが現行のレガシーシステムのサポート停止を決めた場合は、現在レガシーシステムを使っている企業は自らの責任で開発費用を負担して、新しいシステムに更新しなければなりません。ただし、作り変えるにあたって気をつけなければならないことがあります。それは多額な費用と期間を投入してもシステムが稼働しない状態に陥ること、すなわち「動かないコンピュータ」にならないようにすることです。それではどうしたら「動かないコンピュータ」になることを防ぐことができるのでしょうか。本連載ではそのための方策として期待されているプロトタイプ開発の可能性について考えていきたいと思います。

注目コンテンツ