コミュニケーション基盤として、マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」を活用したソリューションを提案する。クラウドに移行することで、ワークスタイルに応じた柔軟な勤務を実現する環境と、危機対応時にもコミュニケーションがとれる環境を実現する。クラウド利用時の安全性を確保するために、当社のセキュリティサービス「Online Service Gate」(OSG)を合わせて提供(表1)。許可した端末に限り、社内外でOffice 365を利用できる環境を実現する。なお、OSGはWindows Azure上で動くクラウドサービスとして提供する。

表1●ソフトバンク・テクノロジーの提案内容
[画像のクリックで拡大表示]

 Office 365はメール、カレンダーを中心としたコミュニケーション基盤サービス。メール基盤・カレンダー機能を持つExchange Online、社内ポータル連携、コラボレーション基盤、ディレクトリー機能を持つSharePoint Online、インスタントメッセージやWeb会議の機能を持つLync Onlineからなり、オンプレミスサーバー製品と同等の機能を持つ。一方、OSGはユーザー認証機能とアクセス制御機能、パスワード管理機能を提供するサービスで、社内で認めていない端末からのクラウド利用を排除できる。

 具体的には、パソコンからOffice 365を利用する際は、必ずOSGの機器認証を経由させる(図1)。社内からならIPアドレス、社外からの接続の場合はパソコンのマシンUUIDを使って機器認証。機器認証に成功すると、OSGが持つOffice 365のユーザー認証情報を取得し、パソコンに転送する。この認証情報はActive Directoryのアカウントとひも付けたもので、社内外を問わず、ユーザーごとのアクセス制御が可能になる。

図1●「Office 365」と「Online Service Gate」を連携
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。