A3 2014

応募要項

1名称Android Application Award(A3=エーキューブ) 2014
2公式サイトhttp://itpro.nikkeibp.co.jp/A3/
3主催日経BP社ITpro
特別協賛ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
協賛ルクセンブルク経済通商省東京貿易投資事務所、NFC Forum
4以下のテーマのいずれかに該当するものを募集
革新スマートフォンを活用した、革新的なサービス。スマートフォン上で利用できるアプリやサービスだけでなく、周囲の機器などと連携したサービスも広く募集
グローバルグローバル市場での活用が期待できるアプリやサービス
ローカル地域活性化につながるアプリやサービス(東日本大震災からの復興支援につながるものも含む)
NFCNFC(Near Field Communication)技術を活用したユニークなアプリやサービス
ウエアラブルウエアラブルデバイスを使った、ユニークなサービス
5募集部門
アプリ/Webサービス部門Android端末に対応したスマートフォン向けアプリケーション(公表・未公表を問いません)。ネイティブアプリだけでなく、ブラウザ上で利用するWebアプリ(サービス)も対象とする。Webアプリは、審査向けにURLが公開されていることとする。(注)特別協賛社から貸し出される端末を評価機とします。作品応募時には、動作確認が済んだ機種を指定。審査向けに、アプリの操作や動作を撮影した動画を提出していただきます。今回は、アイデアは対象外とします
6スケジュール
アプリ提出期限2014年9月1日(月)
結果発表、表彰式2014年9月30日(火)
7参加資格個人、企業でソフトウエアを開発する者。グループ・団体での参加も可能。中学生以下は保護者の記名が必要。1個人・グループ/企業・団体で複数のアプリケーションを応募することも可能
8応募方法応募は締めきりました。多数のご応募ありがとうございました。
9応募作品紹介サイト&ソーシャルメディアの活用応募作品は、原則としてA3のサイトに掲載します。
10各賞(副賞)オールジャンルを対象とした大賞・優秀賞のほか、テーマ賞として「NFC賞」「ローカル賞」「ルック&フィール賞」「学生賞」を用意します。副賞として、日経BPの媒体で紹介するほか、協賛各社からの提供製品を用意します。
11審査員未定
12著作権の取り扱い著作権は作者に帰属する。ただし、審査・入賞者の発表等、アワードの運営に必要な限りにおいて、主催者が応募アプリケーションの一部または全部を使用できるものとします。
13問い合わせ先A3 2014事務局(日経BP社 ITpro編集部内)
問い合わせはこちら