ホワイトペーパー

新着記事

BtoBマーケティングで700社の導入実績、「List Finder(リストファインダー)」

 初めての人も使いこなせるマーケティングオートメーションツール「List Finder(リストファインダー)」には、簡単にメール配信ができる、Webサイトに来訪しているご担当名がわかる、Webサイトに来訪している会社名(IP)がわかる、フォームやセミナーページ作成ができる、といった特徴があります。(03月10日)

VMware連携データ保護製品「Kaspersky Security for Virtualization | Agentless」

 Kaspersky Security for Virtualization | Agentless(英語版)は、VMware vSphere上に構築されたSoftware-Defined Data Center(SDDC)をVMware NSX技術を最大限に利用して保護するように設計された製品です。(03月10日)

“情報漏えい100%阻止”を目指すLIXIL、モバイルPCのデータ保護にZENMU for PCを採用

 建築材料・住宅設備機器業界の国内最大手、LIXIL(リクシル)は、営業部門の社員が利用するモバイルPCの情報漏えい対策として「ZENMU for PC」を採用した。たとえPCを紛失しても情報漏えいを100%防止できるZENMUのテクノロジーを高く評価し、約4,500台のモバイルPCを対象に導入を進めている。(02月07日)

「Toner Cutter」アップグレードキャンペーン 「WISE Print」への移行を25%OFF

 印刷コスト削減ソフト「Toner Cutter」アップグレードキャンペーンでは、「WISE Print」への移行を25%OFFのキャンペーン価格で実現。印刷物の原本保存でセキュリティ強化とコスト削減を実現する印刷管理ソリューション「WISE Print」は、「Toner Cutter」のコスト削減機能をより使いやすく高性能に改良し、セキュリティ機能を拡張した後継製品。(02月07日)

暗号化では守れない!! データの無意味化で、守らず安全「PASERI」

 データ持ち出し禁止、シンクライアント導入など、これまでの予防型のセキュリティ対策の多くは、利便性や生産性を犠牲にするものが多かった。だが、発想を変えて「事故は起きるもの」という前提に立つと、利便性と生産性を損なわない対策が可能になる。(11月25日)

リアルタイムの数量把握を実現。在庫ショートリスクがなくなり、入力や集計の負荷も大幅に軽減

 金属表面処理薬品などの製造販売を手がけるディップソール株式会社のタイ法人、DIPSOL(THAILAND)では、原材料や完成品の数量など生産工程の管理を、エクセルを使った手作業で行っていた。正確性やリアルタイムの数量把握が課題だったことから、『エグゼクス生産管理 加工業版』を導入。化学メーカーに特有の液体の在庫管理やタイの基準に適応した数値管理などにもカスタマイズで対応し、安定的で正確な運用を実...(09月08日)

システムのリニューアルを機に クラウド&タブレットを導入。 生産現場のリアルタイム状況共有が可能に

 株式会社シルベックは金属部品等のメッキ加工を手がける会社だ。社員約50名の小規模な会社で、人員も費用も限られるなか、これまで、工程管理は一切システム化がされていなかった。伝票で管理し、顧客から進捗の問い合わせがあるたびに、工場に確認に出向くなど、問題は山積みだった。(09月08日)

日本と現地をスムーズに結ぶシステム 工場スタッフがわずか4日間で操作をマスター

 パラマウントベッドは主に医療・介護用のベッドの製造、販売を手がける会社だ。2014年6月、新たにベトナムの生産拠点である「パラマウントベッド ベトナム」が稼働するのにあわせて、生産管理システムを導入することとした。当初は少人数でスタートするため、予算も限られるなか、金額、機能、ベトナム語対応の条件を満たし、さらにベトナムでのサポート体制も決め手となって『エグゼクス生産管理』の導入を決めた。(09月08日)

既存システムの「リノベーション」で更なる事業継続性と運用効率向上を実現

 株式会社第一成和事務所は、生命保険と損害保険の代理店としてお客様に心からご満足いただける質の高い保険代理店サービスを提供している。今回、サーバーOSのサポート切れに伴うシステムのリプレイスを検討するにあたり、東日本大震災を教訓として大規模災害時の事業継続性をどう向上させるかが課題に上がった。(09月06日)

誰でも簡単に使えるマスタメンテナンス画面を低単価でスピーディーに構築

 ソフトウエアとサービスを通じて企業の情報活用を支援するウイングアーク1st株式会社では、基幹システムのリプレイスにあたり、マスタデータのメンテナンスを誰でも簡単にできるツールを探していた。マスタデータの修正はユーザー部門からの依頼を受け、管理部門にて手動で更新していたが、月に数十件規模で発生するため、管理部門の負担が大きくなっていた。(09月06日)

注目コンテンツ

ホワイトペーパーランキング(昨日)