仮想化

PICK UP!

新着記事

“フラッシュ・ファースト”の時代が到来!

ファイルサーバーもオールフラッシュ?広がるフラッシュストレージの使い道

 オールフラッシュストレージが注目されている。メモリー単価が大きく下落し、「高スペックだが手が届かない」というイメージはすでに過去のものになったからだ。現在は、これまでHDD型ストレージが使われてきた領域でも、オールフラッシュ型が選択肢に浮上。今のうちに押さえたい、最適な製品選びのコツを紹介する。

データは「溜める」から「使うことを前提にした管理」の時代へ

大量データ時代を勝ち抜く、大容量アーカイブストレージ選択の決め手

 単にデータを溜めるだけでなく、いかに活用しやすい状態で格納しておくか。IoT時代を視野に、これまでのストレージでは想定していなかった規模と用途への対応が求められている。ペタバイトクラスのデータ管理の最適解として注目を集める大規模・大容量型SDS(Software Defined Storage)。その全貌に迫る特別鼎談をお届けする。

ホワイトペーパー

仮想化のオーバーヘッドがゼロ! リソースを最大限に生かせるサーバー統合

 サーバー仮想化技術は、企業情報システムを運用するプラットフォームとして広く普及している。しかし一方で、期待したような効果が得られなかったり、運用管理に手を焼いていたりするケースが珍しくない。

ホワイトペーパー

データセンターの運用を簡素化する、仮想化環境に適したバックアップアプライアンス

 ITシステムが企業のビジネスの生命線となった現在、システム障害が発生した場合の損失は膨大な額になる恐れがある。ITシステムにおけるデータのバックアップは、被害を最小限に抑えるために不可欠となっている。

製品&サービス

工場などの産業現場向けに応答性や可用性を高めた仮想化基盤

 ウインドリバーの「Wind River Titanium Control」は、工場などの産業現場に使うことを想定した仮想化基盤ソフト。機械を自動制御するPLCや、システムを監視してプロセス制御を行うSCADAといった産業制御システムを仮想サーバー上で動作させるためのクラウド基盤を提供する。

ホワイトペーパー

「データ肥大」「遅い」「TCOが」… お悩み別“逆引き”ストレージ製品便覧

 IT製品やソリューションの情報はネットにあふれているが、ベンダーがストレートに機能や性能、特徴などをアピールしているものがほとんど。そのなかからユーザー企業が抱えている課題に有効なものを目利きするのは至難の業だ。

盤石のバックアップ環境と支援体制を検証事例から探る

簡単に導入できる製品と技術支援がカギ 最善のバックアップ環境構築の切り札とは?

規模の大小にかかわらず、基幹システムや各種データのバックアップシステムは、企業にとって欠かせないものとなっている。何らかの原因で基幹システムに異常が発生した場合、バックアップがあれば迅速に復旧でき、業務への影響も最小限に抑えられるからだ。

製品&サービス

ICカードでデスクトップを呼び出せるシンクライアント

 アズムの「AZ Desktop Cloud Platform」は、シンクライアント端末とアクセス先の仮想デスクトップを結び付けるシンクライアント管理ソフトである。ユーザー認証手段としてICカードを使える。

プロに聞く!最新技術動向&活用ポイント

急拡大するSDN:導入前に押さえたい、効果を最大化する「コツ」とは?

 急速に広まる「SDN(Software-Defined Networking)」。柔軟かつ拡張性豊かなネットワークの仕組みを実現するほか、巧妙化する標的型メール攻撃などに対する、セキュリティ強化施策としての側面にも注目が集まっている。このSDNのメリットを最大化する導入・構築方法を、ITインフラのプロに聞く。

ホワイトペーパー

コンバージドインフラの導入で総コストはどれだけ削減できるのか?

 仮想化環境の導入などにより、企業のIT環境の複雑化が進み、システム運用管理にかかる手間やコストの削減が大きな課題になっている。そこで注目されているのが、「コンバージドインフラストラクチャ」である。

これからのクラウド連携の考え方、ハイブリッドクラウドのあるべき姿とは

 ハイブリッドクラウドに対するアプローチ方法は、オンプレミスを中心とした形態から、パブリッククラウドを核に構成される形態へとシフトしていくと予想される。ハイブリッドクラウドの核となるパブリッククラウドとは、具体的にどのようなものなのか。

富士通の全社システムクラウド化への挑戦、パブリッククラウドをベースとしたICT基盤とは

 パブリッククラウドの活用には様々なメリットがあるが「社内の全システムをパブリッククラウドに移行するのは不可能」と考えている読者も多いはずだ。しかしすでに、全社システムをクラウド化するための取り組みを進めている企業が存在する。ここではICT企業の富士通の社内実践を例に、どのような取り組みが行われているのかを見ていきたい。

製品&サービス

セルフで仮想マシンを作れるVxRailベースのクラウド構築基盤

 デルとEMCジャパンの「Dell EMC Enterprise Hybrid Cloud」は、ユーザー部門が自身で簡単に仮想サーバーを作成して調達できるIaaS型のクラウド構築基盤である。

>> もっと見る

注目コンテンツ