情報セキュリティ

PICK UP!

新着記事

DATA&DATA

7〜9月のセキュリティ事故は前期比3割減、CMSを狙ったWebサイト改ざんに注意

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は国内外で発生したセキュリティインシデント(事故)に関する調査結果を発表した。2016年第3四半期(7~9月)にJPCERT/CCが受け付けたインシデント報告件数は3137件だった。

ITインフラSummit 2017 レビュー

「多層防御でコスト増」の悩みに新アプローチ

 「ITインフラ Summit 2017」のソリューション講演に登壇したマクニカネットワークスの秋田啓介氏は、多層防御における課題と「セキュリティ・デリバリー・プラットフォーム(SDP)」という新たなアプローチについて解説した。

ITインフラSummit 2017 レビュー

2020年に備え、Office 365導入で6~16%の時間を“創出”

 「ITインフラSummit 2017」の基調講演に、大成建設の北村達也氏が登壇した。同社は業務の生産性向上や新規ビジネスの創出を目的に、新たなコミュニケーション基盤としてOffice 365を導入している。その経緯や背景を説明した。

ホワイトペーパー

転ばぬ先の「フルマネージド」、仮想化・クラウド化をトラブルなく進める方法

 ITインフラの運用が重荷になり、本業で必要な仕組み作りに集中できない、という悩みを持つユーザー企業は多い。仮想化やクラウド化は、こうした悩みを解消する有力な手段だが、安易に導入するとトラブルに見舞われる可能性がある。

ホワイトペーパー

アラートや誤検出の嵐から解放、セキュリティ担当者の負荷を重視した「SIEM」

 ネットワーク機器やセキュリティ機器からの大量のアラートに悩まされている企業は少なくないだろう。こうした企業の間で注目されているのが、「SIEM(Security Information and Event Management)」である。

ホワイトペーパー

IDを“統合”せず“流用”、「ID連携」によるシングルサインオンのメリットは?

 企業のIT環境は多様かつ複雑なものになり、ユーザーはクラウドやオンプレミスのアプリケーションを使って仕事をしている。加えて、取引先企業などとアプリケーションを共有するケースも増えてきた。

ホワイトペーパー

OEM販売も可能なSI事業者向けの「フルマネージド型」クラウドサービス

 アプリケーション開発を手がけるシステムインテグレータにとって、ITインフラの円滑な運用は不可欠だ。ユーザー企業からITインフラ運用を求められるケースが少なくないうえ、本業の競争力確保にも欠かせない。

ホワイトペーパー

「SaaSにも自社アプリにも同じIDでログイン可能」を実現するクラウドサービス

 企業でのクラウドアプリケーションの利用が一般化してきた。だが、アプリケーションごとに異なるID/パスワードを設定・管理するのは手間がかかるため、「パスワードの使い回し」をしてしまいがちだ。

ホワイトペーパー

IT部門の悩みのタネ、「BYOD」で検討すべき課題と攻略法

 Bring Your Own Device(BYOD)は、仕事とプライベートを融合させることで、生産性を向上させ、よりスマートに、より働きやすくする効果がある。その一方で、IT担当者はBYODを脅威として捉えている。

DATA&DATA

セキュリティの課題は人材、最新技術の対応も難しい

 アイ・ティ・アール(ITR)が実施したセキュリティ関連調査によると、セキュリティ維持活動の課題のトップは「セキュリティ人材の確保が難しい」で回答率は42.5%だった。従業員50人以上の国内企業で、セキュリティ製品やサービスの意思決定に関与する人にインターネット経由で調査した。

ノーク岩上の調査データに見る賢いIT選び

第61回 働き方改革の第一歩は「適度な自動化」にあり

 2017年は政府が主導する「働き方改革」への取り組みが本格化する年となりそうだ。だが、「仕事量が減らない状況で労働時間だけを短縮するのは難しい」という声も少なくない。ITは本来、少ない労力でより多くの成果を上げられるようにするためのものである。そこで今回は、「働き方改革」を進めるためのIT活用とは何か、を考えてみる。

あらゆる業務システムに対応。徹底してお客様志向にこだわるクラウドとは

 「クラウドファースト」の考え方が当たり前になり、実際の活用も広がっているパブリッククラウド。しかしこれに伴い、パブリッククラウドが抱える課題も顕在化してきた。クラウドベンダーが主導権を握っている状況を見て、基幹系システムのクラウド化を躊躇する企業も少なくない。今後安心してクラウドシフトを進めていくには、どうすればよいのだろうか。

急速に進むグローバル化。競争力を支えるICTシステムはどうあるべきか

 急速な勢いで拡大し続けている日本企業の海外進出。海外への直接投資は過去最大規模になっている。ビジネスを支えるICTシステムはどうあるべきなのか。グローバル企業のICTシステムが満たすべき要件を示したうえで、その具体的な実現方法を紹介する。

>> もっと見る

注目コンテンツ