情報セキュリティ

PICK UP!

新着記事

EUデータ保護規則、知っておくべき3つの事実

EUデータ保護規則の壁、なぜ国産クラウドが欧州に進出できないのか

 2016年10月27日にサイボウズ社内で開催された「プライバシーフリーク・カフェ in サイボウズ」と題するイベントで、国内クラウドサービスが直面する越境データ問題について議論が交わされた。

「発見」重視の対策はもはや限界、激化するサイバー攻撃から会社を守るには

 サイバーセキュリティ対策の強化は、国家レベルでの最重要課題だ。では、我々は何をすべきなのか。長年、日本企業のセキュリティ対策支援に携わり、富士通セキュリティイニシアチブセンターの初代センター長も務めた、富士通 サイバーセキュリティ事業戦略本部 エバンジェリスト、太田 大州氏に話を聞いた。

防ぎきれないサイバー攻撃、多層防御と即応体制がセキュリティ対策のカギに

 富士通は社内のセキュリティ組織のあり方を見直し、多層防御の仕組みを整え、スピーディーなインシデント対応を実現して、組織の安全を守る体制を整えた。その具体的なノウハウとは――。

EUデータ保護規則、知っておくべき3つの事実

EUデータ保護規則、日本企業はどう対応するべきか

 前回は、なぜ日本企業がEUデータ保護規則(GDPR)への対応を迫られているのかを、ひかり総合法律事務所の板倉陽一郎弁護士と、デロイトトーマツリスクサービスの北野晴人パートナーに語ってもらった。知っておくべき事実の二つめとして、今回は日本企業が取り組むべき内容について語ってもらった。

高度化するWebの標的型攻撃へ対抗

マルウエアのリスクを無害化する「分離ソリューション」の威力

 無害化されたWebの描画情報のみをブラウザーに表示する「分離(アイソレーション)」と呼ばれる新技術が注目されている。「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」に、この技術を応用したセキュアブラウジングオプションが追加された。

EUデータ保護規則、知っておくべき3つの事実

EUデータ保護規則、なぜ日本企業が対応を迫られるのか

 「忘れられる権利」で知られる「EU(欧州連合)データ保護規則」(GDPR)が2018年5月25日にEU加盟国で法律として施行される。早くから日本企業に警鐘を鳴らしてきた専門家に対談してもらった。

製品&サービス

スマホのLEDライトだけで真贋判定できる新型ホログラム

 大日本印刷の「DNPホログラム LED判定」は、スマートフォンに搭載されているLEDライトなどの点光源のLEDだけで真贋判定ができる新型ホログラムである。

ホワイトペーパー

ユーザー448人に聞いた「会計システムのここが不満!」

 近年、企業会計を取り巻く環境は大きく変化しており、会計システムにも多様性が求められている。だが現実には、多くの企業の会計システムが長期にわたって使われており、新たなニーズに対応できていない。

ランサムウエア 脅かされる日本企業

支払いは最後の手段

 ランサムウエアの感染を100%防ぐのは不可能だ。まずは感染リスクを抑える「設定変更」と「バックアップ」を徹底し、それでも感染した場合に備え、利用部門や経営層も巻き込んだ訓練を積む。安易に支払わず、攻撃者を遠ざける対策を進めたい。

ランサムウエア 脅かされる日本企業

ビットコインで荒稼ぎ

 稼ぎたいが捕まりたくない―。ランサムウエアに群がるサイバー攻撃者の狙いは共通だ。身を隠しながら世界中から身代金を集めるインフラにランサムウエア攻撃者が選んだのが仮想通貨「ビットコイン」だ。

ランサムウエア 脅かされる日本企業

被害件数は5倍増

 ある日突然、データを操作できなくなり、PCの画面一面には「元に戻したければ金を払え」との脅迫文が―。データを暗号化して解除費用を要求すランサムウエアの仕業だ。世界的なサイバー脅威は、危機意識の無い日本企業を狙っている。

一変する“守り”の常識、デジタル革新時代のサイバー攻撃対策

 サイバー攻撃の激化に伴って、企業・組織はセキュリティ対策の考え方を抜本的に改めるときが来ている。「サイバー攻撃を完全には防げない」との前提で、事前に攻撃を防止することから、攻撃を受けたときの被害をできるだけ抑える事後対策へとシフトする。

「常時SSL」時代をサバイブするWebサイト構築の新常識

Webサイトの常時SSL化が喫緊の課題に。一方で直面する新たな問題とは

 端末やネットワーク、クラウドといったテクノロジーの急速な進化により、企業システムは場所の制約を受けにくくなった。建築現場や保守業務、製造業の拠点や小売の店舗などにおいて、本社や大規模拠点と同じアプリケーションを活用しているケースも多いだろう。

>> もっと見る

注目コンテンツ