モバイルソリューション

PICK UP!

新着記事

実例で検証!「デジタル化」成功術

先手をとって利益を生み出せ 土木業界に見る、IT活用の「勝ちパターン」

 製造、流通、金融など、多様な分野で新しいビジネス価値を生み出しているデジタル技術。この潮流が、今まさに押し寄せているのが土木・建築業界だ。国交省が推進する「i-Construction」の下、あらゆる現場業務がデジタルで変わろうとしている。いち早く取り組みを進める「やんちゃな土木ネットワーク」の活動から、効果を引き出すIT活用の勘所を探る。

製品&サービス

モバイルアプリの開発実行基盤を導入するSIサービス

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の「CTC MeUX Backend(ミュー・バックエンド)」は、モバイルアプリケーションを開発したい企業のためのSIサービスである。

DATA&DATA

携帯とスマホの出荷台数、5四半期ぶりに増加

 IDC Japanが発表した国内の携帯電話やスマートフォンの市場調査結果によると、2016年第3四半期(7~9月)の従来型携帯電話とスマホの合計出荷台数は、前年同期比1.4%増の767万台。5四半期続いた「前年同期比割れ」に歯止めがかかったが、増加幅は小さく、成長は鈍化傾向にあるという。

国産メインフレームの更改に終止符!情シスが選んだ新たな選択肢とは

JR貨物、鉄道コンテナ輸送の総合管理システムをリプレース

 「メインフレームを単純更新するのは今回限り」。日本で唯一、全国を一元管理して鉄道貨物輸送を行っている日本貨物鉄道株式会社、通称JR貨物で経営陣がそう決断したのは平成24年1月のことだ。同社の情報システム部は、次の更新時期の平成29年までに新たな対応策を経営陣に提案することが求められた。

グダグダ会議撲滅法

集まらなくても大丈夫、丸亀製麺流SNS会議

 「そもそもわざわざ集まる必要があるの?」うどん店チェーン「丸亀製麺」を運営するトリドールは、会議の必要性そのものを見直し、社内SNSで代用。バーチャル会議のファシリテーターが運営の勘所を明かす。

B2Bハッカー・飯室淳史氏 特別対談企画

なぜ日本企業はカスタマーエクスペリエンス向上に失敗するのか?

「カスタマーエクスペリエンス(顧客体験:CX)」の向上が、顧客に選ばれる企業になるためのカギになる――。このことが、グローバルでは常識になりつつある。しかし、こと日本企業では、CX向上の成功例はまだ少ない。その理由と打開策について、マーケティングのスペシャリスト2人が語り合った。

グダグダ会議撲滅法

味の素の会議、「無限ホワイトボード」で議論を可視化

 会議の終了後には議事録を作るが、議論の最中には板書しない。こんな会議では意見のすれ違いや勘違いが起こりがちだ。味の素はマイクロソフトの大画面コミュニケーションツール「Surface Hub」で議論の見える化に取り組む。

グダグダ会議撲滅法

住友生命の会議を救う「隠れファシリテーター」とは?

 住友生命保険のIT刷新プロジェクトでは会議メンバー全員が会議の仕切り術「ファシリテーション」を学び、実践する。若手も女性も、気後れせず率直に意見を言えるようにするためだ。

グダグダ会議撲滅法

圧縮して働く!?リクルートのグダグダ会議撲滅術

 リクルートホールディングスは専門性を持つ社員が時間限定で働く「ZIP WORK」を推進中。短時間でスッキリ終わる会議の勘所ははじめと終わりにある。

インテルが自ら開発したワイヤレス会議システム

貴重な6分間をムダにしない! “コラボ型会議”を支援する働き方改革の切り札とは

 政府が本腰を入れ、“働き方改革元年”とも呼ばれる2017年。労働環境の高度なIT化を背景に、場所を問わないテレワークやモバイルワーク、サテライトオフィスなどの柔軟なワークスタイル推進を方針の1つとして掲げている。そこで重要になるのが、これからのセントラルオフィスの在り方だ。

「リテールテックJAPAN 2017」インテルブースレビュー

3Dデータ検出やセンサー、AIを活用した次世代リアル店舗ソリューション

 「リテールテックJAPAN 2017」(主催:日本経済新聞社)が、2017年3月7日から10日まで東京ビッグサイトで開催された。様々なソリューションが立ち並ぶ中で、新しい小売・流通の姿を感じさせるエッジの効いたデモが集中しているブースがあった。それが、パソコンのCPUなどで有名なインテルのブースだ。

「タイムズ」のすごいIoT

パーク24が予約できる駐車場「B-Times」で停める選択肢を増やす

 「B-Times」は空いている駐車スペースを貸し借りできるパーク24のマッチングサービス。タイムズ駐車場だけでは満たしきれない「停める」需要をB-Timesで埋める。

「タイムズ」のすごいIoT

パーク24のカーシェア好調、法人開拓に「運転の見える化サービス」

 市場の7割を握るパーク24のカーシェア「タイムズカープラス」の次の一手は法人開拓だ。平日の稼働率を上げ、収益性を高める。法人が望む社員の安全運転を支援するサービスが好評だ。

>> もっと見る

注目コンテンツ