モバイルソリューション

PICK UP!

新着記事

ドローンがもたらす「空の産業革命」

ドローンが秘める驚異的なデータ収集能力

 ドローンのデータ収集能力は極めて高い。ぱっと見には写真のように見えても、実はドローンが収集した無数のドットデータで描写されたイラストであったりする。ドローンが持つ驚異的なデータ収集能力が、どう実現されていて、どう活用されているのか。その実態を明らかにする。

ドローンがもたらす「空の産業革命」

2020年、東京の空にドローンが五輪を描く?

 ドローンのパイロットは、地上からリモートで操縦する。ラジコンと同じ仕組みだが、様々なセンサーを実装するドローンは既存の無人ヘリなどに比べて操縦しやすいという声が多い。実際にどう操縦するのかを、ここでは産業用ドローンを想定して操縦方法を見ていこう。

ドローンがもたらす「空の産業革命」

ドローンの本当のすごさ、知っていますか?

 ドローンを、飛行機やヘリコプター、飛行船など、数ある航空機の1つとしか捉えていない人が多いように思う。あなたはどうだろうか?ドローンは、私たちがよく知る既存の航空機とは、全く異なるものだ。その正体は“空飛ぶロボット”である。

ユーザー企業に聞きました

2016年の重大ニュースは何でしたか?

 今回は、2016年の重大ニュースを読者モニターに尋ねた。編集部で厳選した50のニュースのうち、最大5つを選んでもらい、上位から順に5~1ポイントを傾斜配分した合計値で総合順位を決めた。

なぜ、成果につながらないのか?

膨らむコスト、上がらない生産性 モバイル端末導入が失敗する本当の理由

 タブレットを導入したものの、「やはりPCがいい」と感じたことがある人は少なくないだろう。実際「タッチキーボードでは本格的な作業がしにくい」「バッテリーの減りが早い」といった声はよく聞こえる。そこで注目されているのが、2in1デバイスだ。プロの意見を基に、失敗しないためのデバイスの選定・活用法を考える。

ホワイトペーパー

「SIMを挿すだけ」のシンプルさ、働き方の自由度高める感染防止術

 企業にとってセキュリティ対策は今や、IT部門の課題というだけでなく経営課題でもある。企業のセキュリティ意識は以前より格段に向上してはいるが、社外でのセキュリティ対策は依然として、後手に回りがちだ。

実例で検証!「デジタル化」成功術

先手をとって利益を生み出せ 土木業界に見る、IT活用の「勝ちパターン」

 製造、流通、金融など、多様な分野で新しいビジネス価値を生み出しているデジタル技術。この潮流が、今まさに押し寄せているのが土木・建築業界だ。国交省が推進する「i-Construction」の下、あらゆる現場業務がデジタルで変わろうとしている。いち早く取り組みを進める「やんちゃな土木ネットワーク」の活動から、効果を引き出すIT活用の勘所を探る。

製品&サービス

モバイルアプリの開発実行基盤を導入するSIサービス

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の「CTC MeUX Backend(ミュー・バックエンド)」は、モバイルアプリケーションを開発したい企業のためのSIサービスである。

DATA&DATA

携帯とスマホの出荷台数、5四半期ぶりに増加

 IDC Japanが発表した国内の携帯電話やスマートフォンの市場調査結果によると、2016年第3四半期(7~9月)の従来型携帯電話とスマホの合計出荷台数は、前年同期比1.4%増の767万台。5四半期続いた「前年同期比割れ」に歯止めがかかったが、増加幅は小さく、成長は鈍化傾向にあるという。

国産メインフレームの更改に終止符!情シスが選んだ新たな選択肢とは

JR貨物、鉄道コンテナ輸送の総合管理システムをリプレース

 「メインフレームを単純更新するのは今回限り」。日本で唯一、全国を一元管理して鉄道貨物輸送を行っている日本貨物鉄道株式会社、通称JR貨物で経営陣がそう決断したのは平成24年1月のことだ。同社の情報システム部は、次の更新時期の平成29年までに新たな対応策を経営陣に提案することが求められた。

グダグダ会議撲滅法

集まらなくても大丈夫、丸亀製麺流SNS会議

 「そもそもわざわざ集まる必要があるの?」うどん店チェーン「丸亀製麺」を運営するトリドールは、会議の必要性そのものを見直し、社内SNSで代用。バーチャル会議のファシリテーターが運営の勘所を明かす。

B2Bハッカー・飯室淳史氏 特別対談企画

なぜ日本企業はカスタマーエクスペリエンス向上に失敗するのか?

「カスタマーエクスペリエンス(顧客体験:CX)」の向上が、顧客に選ばれる企業になるためのカギになる――。このことが、グローバルでは常識になりつつある。しかし、こと日本企業では、CX向上の成功例はまだ少ない。その理由と打開策について、マーケティングのスペシャリスト2人が語り合った。

グダグダ会議撲滅法

味の素の会議、「無限ホワイトボード」で議論を可視化

 会議の終了後には議事録を作るが、議論の最中には板書しない。こんな会議では意見のすれ違いや勘違いが起こりがちだ。味の素はマイクロソフトの大画面コミュニケーションツール「Surface Hub」で議論の見える化に取り組む。

>> もっと見る

注目コンテンツ