製造業IT

PICK UP!

新着

ホワイトペーパー

開発者から利用者までにおススメしたい!日本仕様の帳票システムをActiveReportsで手軽に構築

 「ActiveReports」はグレープシティが提供する帳票システム開発ツールである。帳票作成や帳票システムの構築・運用にまで対応しており、本資料ではActiveReportsの特長を分かりやすく解説しており、帳票システムを検討している技術者は必見の資料である。

ホワイトペーパー

9社の事例から読み解く、失敗しない基幹業務システム導入のコツ

 会計や販売を始めとする基幹業務システムの導入は、10年に一度とも言われる一大プロジェクト。それだけに、今ある課題に対応するだけでなく、将来を見据えたものにすることが肝要である。業務システムの導入パターンは大きく3つに分けられるが、パターンごとに進め方のコツは異なる。

ホワイトペーパー

日産が3D CADの仮想デスクトップ環境を世界展開、1年かけて磨き込んだその成果とは

 日産自動車は、3D CADアプリケーションの仮想デスクトップ環境を北米と英国のR&D拠点に導入。CAD/PDMデータを日本で一元管理することで、エンジニアの生産性向上や運用コスト低減、セキュリティ強化などの…

ホワイトペーパー

既存のユニファイドコミュニケーション環境をSkype for Businessで安価に増強するには

 音声や画像、データといった様々な手段を組み合わせて効率的なコミュニケーションを実現する「ユニファイドコミュニケーション」は、ビジネスインフラとして多くの企業に導入されてきた。コスト削減に加え、業務の効率化や顧客サービスの向上などの効果が期待できるからだ。

ホワイトペーパー

仮想環境のパフォーマンスとコスト両立、専用OS搭載のオールフラッシュストレージ

 仮想化技術のメリットが広く知られるようになり、サーバー仮想化やデスクトップ仮想化の導入を進める企業が増えている。しかし、より多くの仮想化環境を稼働させるようになるにつれて、ストレージのI/O性能が…

ホワイトペーパー

特権アカウント管理による標的型攻撃からのActive Directory保護

 標的型攻撃に備え、重要となる特権アカウントの管理と保護。特に狙われるActive Directoryの管理者権限の効果的な管理方法を紹介した資料。「CyberArk Privileged Account Security」による管理者アカウント保護の仕組みとその特徴を分かりやすく説明する。

クローズアップ! 注目製品&サービス解説

標的型攻撃の被害を防ぐ特権アカウント管理/保護ソリューション

 頻発する企業への標的型攻撃。標的型攻撃の恐ろしさは、組織のネットワークに侵入後管理者権限の搾取を行うことだ。特にActive Directoryのドメイン管理者アカウントが狙われることが多く、この場合Active Directoryに参加する全てのユーザーが攻撃者の配下となり、情報が奪われてしまうことになる。そのため、Active Directoryの特権アカウントの保護が重要になっている。

ホワイトペーパー

リファレンスアーキテクチャとアプライアンス、デスクトップ仮想化ではどっちが得?

 デスクトップ仮想化やクラウドコンピューティングにおいて、システムの拡張性や柔軟性、信頼性の向上、複雑さの軽減は、ますます重要になっている。現時点でこれらの要件を満たすアプローチは主に、リファレンスアーキテクチャを用いる…

ホワイトペーパー

250社の実績から見えてきた、省力型データ連係の勝ちパターン24

 企業がある程度以上の規模になると、種々雑多なデータが社内にあふれてくる。これらをうまく連携させて利用できれば、社内の業務効率を上げられるだけでなく、顧客満足度を向上させたり、取引を迅速化して企業競争力を高めたりできる。

ホワイトペーパー

社員一人ひとりがデータ分析できる会社はどうして強いのか?

 今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを知っているのは、データサイエンティストではなく…

>> もっと見る

注目コンテンツ