製造業IT

PICK UP!

新着

ホワイトペーパー

リファレンスアーキテクチャとアプライアンス、デスクトップ仮想化ではどっちが得?

 デスクトップ仮想化やクラウドコンピューティングにおいて、システムの拡張性や柔軟性、信頼性の向上、複雑さの軽減は、ますます重要になっている。現時点でこれらの要件を満たすアプローチは主に、リファレンスアーキテクチャを用いる…

ホワイトペーパー

250社の実績から見えてきた、省力型データ連係の勝ちパターン24

 企業がある程度以上の規模になると、種々雑多なデータが社内にあふれてくる。これらをうまく連携させて利用できれば、社内の業務効率を上げられるだけでなく、顧客満足度を向上させたり、取引を迅速化して企業競争力を高めたりできる。

ホワイトペーパー

社員一人ひとりがデータ分析できる会社はどうして強いのか?

 今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを知っているのは、データサイエンティストではなく…

ホワイトペーパー

散在するデータやファイルもまとめて分析、Excel操作で使えるBIツール

 ビジネスにスピードが求められる昨今、複数のシステムやファイルで管理しているデータをまとめ、営業や販売の実績、経営指標、会計などの情報を必要なタイミングで可視化する手段が、これまで以上に求められている。

ホワイトペーパー

安心・確実な移行を助けるWindows Server 2003“駆け込み寺”とは?

 マイクロソフトはWindows Server 2003の製品サポートを今年7月15日で終了する。その後、製品に新たなぜい弱性が発見されても修正パッチの配布はない。OSのぜい弱性を狙ったサイバー攻撃が急増している昨今…

ホワイトペーパー

アプリケーション集約につきもののパフォーマンス低下に効く、3つのアプローチ

 近年、広範なアプリケーションをセンターに集約して統合管理するのが企業情報システムの主流になっている。仮想デスクトップ環境を導入した企業では、オフィス・アプリケーションすら例外ではない。しかし…

ホワイトペーパー

3大シーン別に解説! ERP導入を成功させたいならここだけは

 基幹システムであるERPの導入は、大掛かりなプロジェクトになりがちだ。そのため、必要性は感じていてもなかなか着手できないというユーザー企業が少なくない。しかし、ビジネスのグローバル化や経営環境の…

ホワイトペーパー

現場部門でのExcel運用はそのままに、各所に蓄積したデータを全社で活用する方法

 Excelは、社内のあらゆる部署で様々な用途に使われている“業務必携ツール”である。しかし、膨大なExcelファイルがファイルサーバーや個人のPCに散在して管理ができなくなり、せっかく蓄積したデータの活用が…

ホワイトペーパー

ビジネスに合わせITも小規模から柔軟に、そんなとき役立つ2Uサイズの新インフラ

 企業のITインフラが急速に変わりつつある。2014年中にはプライベートおよびハイブリッド型のクラウドが全体の80%に達し、2016年までにはサーバー全体の80%が仮想化される見込みだという。そうした中で…

ホワイトペーパー

限られた予算をどこに投入すべき? 障害予兆管理で見えてくるIT投資の優先度

 昨今の厳しいビジネス環境の下、限られたIT予算の中で、投資をいかに確実に成果に結び付けるかがIT部門の課題である。投資効果を上げるには、ITサービスの性能や障害の予兆を把握して、投資が必要な個所を選別し…

>> もっと見る

注目コンテンツ