PICK UP!

クラウドの新常識

クラウドでコスト削減、容易ではない

クラウドの導入目的として多いのが「コスト削減」。しかし実際に導入した企業の話を総合すると、簡単にコスト削減を実現するのは難しい。

エフピコのIT物流

エフピコ、トラックをリアルタイムに把握

 エフピコ物流は、配送状況をリアルタイムでモニタリングし、配送ルート作成を支援する2つのシステムを導入。

新着記事

クラウドの新常識

クラウド導入、コストやセキュリティよりも内部統制が課題

 クラウドの導入が進む中、導入を妨げる要因はユーザー・ベンダーともに「オンプレミスと同じ発想をクラウドに対してしていることだ」との指摘が多い。

働き方改革最前線

大和ハウス、勤怠システムに「全業務」登録して残業削減

 大和ハウス工業は社員約1万5000人を対象に、勤怠のきめ細かい管理で長時間残業の削減を図っている。6年以上の取り組みで最も特徴的なのが、同社の勤怠システムにある「スケジュール登録」という項目だ。

製品&サービス

標的型攻撃対策を兼ねたDLPゲートウエイ

 デジタルアーツの「m-FILTER Ver.5」および「i-FILTER Ver.10」は、ゲートウエイ型で動作するセキュリティソフトである。m-FILTERはメール送受信、i-FILTERはWebアクセスを対象とする。内部からの情報漏えい対策(DLP)の機能と、外部からの標的型(APT)攻撃対策の機能を兼ね備える。

ノーク岩上の調査データに見る賢いIT選び

第64回 数ある行政の支援策、活用するならいつが得策か?

 人口が減少しつつある日本で新たなビジネスを開拓するには、海外の市場や先進技術にも目を向ける必要がある。しかし、個々の企業が独力でそれらを進めることは難しく、「行政の支援策」を求めたくなる場面も少なくない。このような場合、「行政の支援を受けた後にIT活用に踏み出す」のと、「他社に先行してIT活用を進めた後に行政の支援を受け、さらなる拡大を目指す」のと、どちらが得策なのだろうか?

働き方改革最前線

住友生命、夜8時にPC「強制終了」

 「間もなく端末がシャットダウンしますので、データを保存してください」――。東京・築地にある住友生命保険の東京本社。毎晩7時40分になると、残業中の社員たちのPCに一斉にアラートが表示される。社員たちは三々五々帰宅の途につき、午後8時にはオフィスから人影が消えた。

製品&サービス

多機能SDS「SANsymphony」を搭載したSANストレージ

 レノボ・ジャパンの「Lenovo Storage DX8200D」は、SDS(ソフトウエア定義型ストレージ)ソフトを汎用PCサーバーにプリインストールしたストレージアプライアンスである。

DATA&DATA

セキュリティ市場は4%増、SaaS型が成長引っ張る

 IDC Japanの国内情報セキュリティ製品市場調査によると、2016年の市場規模は前年比4.0%増の2807億円という。セキュリティソフトの市場規模は同4.2%増の2339億円で、特にSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)型が同20.2%増の173億円に拡大すると予測した。

製品&サービス

Watsonでシステム開発を支援するクラウドサービス

 日本IBMの「IBM Watsonを活用した次世代超高速開発」は、システム開発の高速化・高品質化を支援するツール群をクラウド型で提供するサービスである。プロジェクト管理を支援する「コグニティブPMO」と、アプリケーションの開発と保守を支援する「統合リポジトリー&ツール」の2つのサービスで構成する。

今どきTCP

GoogleはTCPをCookieで高速化

 米グーグルは、WebサービスやモバイルOSのAndroidを事業の中心に据えているため、Webアクセスやモバイル端末向けにTCPを最適化する技術を活発に提案している。その1つが、「TCPファストオープン」(TFO)である。

クラウド障害 座談会

「クラウドが原因で止まっても謝る」とアーキテクトが実情明かす

 パブリッククラウドの相次ぐ大規模障害を受けて、Amazon Web Services(AWS)に精通したアーキテクト2人を招いた座談会の後編。クラウドの障害に対してユーザー企業が取るべき対策について語ってもらった。

製品&サービス

おとりでマルウエアを捕捉する標的型攻撃の出口対策ソフト

 米TrapX Securityの「Deception GRID」は、マルウエア感染による企業情報の漏えいを防止する、標的型攻撃の出口対策製品である。社内に侵入したマルウエアの活動を、デコイ(おとり)によって捕捉するソフトウエアである。

今どきTCP

iOSの「Siri」だけが使う特別なTCP

 TCPは、モバイル、Web、データセンターといった個別の利用場面に合わせ、分化する方向で進化を続けている。iOS 7では、音声アシスタント機能である「Siri」を利用するときだけ、「MPTCP」という新しいTCPの機能を使っている。

クラウド障害 座談会

「止められないならクラウドは使うな」アーキテクト2人の意見が一致

 2017年2月末から1カ月の間に、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azureで計4度の大規模障害が発生した。ユーザーは、クラウドの信頼性をどのように捉え、どう対処したらよいか。AWSに精通したアーキテクト2人を招いて座談会を開き、考えを聞いた。

製品&サービス

画面・帳票の使い勝手を高めた中堅企業向け基幹業務ソフト

 スーパーストリームの「SuperStream-NX Ver.2.0」は、会計機能と人事・給与機能を備えた中堅企業向けの基幹業務アプリケーションである。支払管理や債権管理を含め、会計データ全般を一元管理できる。多言語に対応しており、ユーザーごとに言語を設定できる。

>> もっと見る

動画

注目コンテンツ

ホワイトペーパーランキング(昨日)