ビッグデータ/データ分析比較・選定

PICK UP!

新着記事

盤石のバックアップ環境と支援体制を検証事例から探る

簡単に導入できる製品と技術支援がカギ 最善のバックアップ環境構築の切り札とは?

規模の大小にかかわらず、基幹システムや各種データのバックアップシステムは、企業にとって欠かせないものとなっている。何らかの原因で基幹システムに異常が発生した場合、バックアップがあれば迅速に復旧でき、業務への影響も最小限に抑えられるからだ。

ホワイトペーパー

データベースをハードで高速化する「ソフトウエア・イン・シリコン」とは?

 データは企業にとってかつてなく重要な経営資源になっていると同時に、その量も膨大になった。データベースベンダーは、インメモリー技術などにより、処理の高速化を図っているが、もはや追い付けない状況にある。

ホワイトペーパー

データベースの運用負荷増からIT部門を解放する「エンジニアドシステム」

 企業にとってデータの重要性はますます高まっており、データベースに障害が発生すると、ビジネスに多大な影響が出ることも多く、いかにトラブルなく、効率的にデータベースを運用するかが課題である。

ホワイトペーパー

「MySQL」でここまでできる、セキュリティ対策とコンプライアンス対応

 データ侵害の被害が増加の一途をたどっている。データ侵害の被害は、データを所有している組織だけに留まらない。顧客データの場合には顧客も被害者となるためその代償も負う羽目になり、対応コストはさらに増える。

製品&サービス

1カ月で導入できる工場向けのIoT導入パッケージ

 日本システムウエア、PTCジャパン、日本ヒューレット・パッカードの3社が開発・販売する「ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージ」は、工場向けのIoT導入パッケージである。

ホワイトペーパー

データ活用の前提となる「データ統合」実現に向けた現実解とは

 UberやAWSが示すように、テクノロジーの活用方法が企業経営のポイントである。なかでもデジタルデータ活用の重要性が各業界で高まっている。こうした時代に対応する戦略として重要なものが「データ統合」だ。

データが企業経営を左右する時代が到来

エンドユーザーのデータ活用が期待通りに進まない。その理由と解決法は?

 データ活用の重要性がかつてないほど高くなっている。これまで経営陣には欠かせないものだったが、ここにきて現場業務でも情報収集、分析、意思決定の必要性が高まっている。生産管理、販売管理、人事給与、会計など多岐にわたるデータを現場がそれぞれの視点で活用し、日常業務に役立てることが急務だ。

ホワイトペーパー

「どこかにあるはず」を「いつでも使える」に変える、全方位型データ管理術

 企業が所有する資産の中で、最も価値あるものの一つが「データ」である。しかし、社内のどこに、どのようなデータがあるかを把握できている企業は滅多にない。特にメールや文書といった非構造化データは“迷子”になりがちだ。

ホワイトペーパー

まだまだ多いOCRの“死角”、あの取引先の独自帳票も自動認識させるには?

 製造業などの企業間取引では、受注書や注文書の処理を自動化するためにOCRを導入することが多い。だが、取引先の独自フォーマットによる帳票も多いため、多種多様な帳票の一部にしか適用できないという課題がある。

ホワイトペーパー

グループ企業でIT基盤を統合するメリットと成功へ導くポイント

 あらゆる業務のシステム化が加速する中で、グループ企業内で既存のIT基盤が散在していることによる業務スピード減退や管理コストの増加が課題になっている。ガバナンス強化を目的にしたIT基盤統合が思うように進まない企業も少なくない。

ホワイトペーパー

ばらばらだったユーザー認証の一本化がもたらす4つの効能とは

 今や、ネット上で複数のコンシューマ向けサービスを提供している企業は珍しくない。だが、サービスごと異なる認証情報が必要な状態だと、ユーザーが不便なだけでなく、セキュリティ上のリスクになる場合がある。

ホワイトペーパー

PDFベースの文書管理システムで帳票も文書も一元管理! 「e-文書法」対応も実現

 IT技術の発展で企業内の情報がデジタル化され、より扱いやすい環境になってきた。しかし、デジタル化しただけでは文書を有効利用できない。デジタル化したファイルを効率よく整理し管理するシステムが必要だ。

ホワイトペーパー

チューニングでしのぐかそれともフラッシュか? データベース高速化対決

 リアルタイム処理の要求が高まるなか、データベース処理の高速化がITの最優先課題となっている企業や組織は多い。対策として一般的なのがチューニングだが、技術者に多大な労力を強いるうえ、性能向上にも限界がある。

>> もっと見る

注目コンテンツ