ビッグデータ/データ分析比較・選定

PICK UP!

新着記事

ホワイトペーパー

限られた予算と人員で、災害時のビジネス継続性を賢く実現するヒント

 大地震や大型台風、ゲリラ豪雨などによってシステムが被災しビジネスが停止すると、経営に多大な損失を与えかねない。災害対策と事業継続計画は企業の規模を問わず必要だが、限られた予算と人員で実現することは難しい。

ホワイトペーパー

パブリッククラウドの便利さと俊敏性を備えたプライベートクラウドの作り方

 現在のIT部門は、互いに相反するニーズに向き合っている。一つはレガシーアプリケーションを停止させることなく、低リスクで運用し続けること。もう一つは、新しいサービスを迅速に投入できるIT基盤を提供することである。

ホワイトペーパー

これからのハイパフォーマンスコンピューティングに求められる新たな“性能”とは?

 ビッグデータ活用が当たり前の時代になり、ますます強力な処理性能が求められるようになった。ハードウエアを導入する際には、必要な処理性能を実現できるかどうかを総体的に評価する必要がある。

ホワイトペーパー

「ハイパーコンバージドインフラ」でレガシーインフラの課題は一掃できるのか?

 現在のIT部門は、ビジネスに直接的な価値をもたらすアプリケーションやサービスの提供を求められている。しかし、複雑化した既存のインフラは、維持するだけでも多大な時間とコストを必要とする。

ホワイトペーパー

大規模展示会場に付き物の速度低下も回避、無線LAN最適化ツールの威力とは?

 無線LAN環境の需要は拡大し、重要性も増す一方だ。しかし、使える周波数には限りがあるため、大規模な施設ほど通信速度の低下が起こりがちだ。無駄なく利用するためには、無線LAN機器の適切な設置が必須だ。

ホワイトペーパー

膨らむERPクラウドも社内システムも安定稼働、独SAPがインフラ再構築で得たもの

 企業における業務スタイルは一昔前とは一変している。社員はパソコンだけでなく、様々なデバイスを適宜使い分けながら仕事をしており、どこにいても、会社のリソースやツールにアクセスできる環境を求めている。

ホワイトペーパー

「デジタル産業革命」に取り残されないために、製造業がいま知っておくべきこと

 デジタルテクノロジーの活用が、今や企業の競争力や製品/サービスの優位性を左右するまでになった。製造業も例外ではなく、「ものづくり」のデジタル化構想に着手する企業が増えてきている。

ホワイトペーパー

“4億ユーザー”の行動データ分析用に、マイクロアドが選んだサーバーは?

 インターネット広告会社のマイクロアドは、2016年12月の新サービス立ち上げを契機にシステム基盤の刷新を検討。社内で「PoC(Proof of Concept、概念実証)」を実施した結果、x86サーバーの採用を決定した。

ホワイトペーパー

GPUコンピューティングの弱点解消に「高速インターコネクト内蔵」、その効果は?

 HPC(High Performance Computing)の適用範囲は今や、ビジネス分野へと大きく広がりつつある。HPCを利用したビッグデータ分析やコグニティブコンピューティングが、企業の競争力を左右する時代がきている。

ホワイトペーパー

アーキテクトが6分で解説、これからのデータ活用に「データレイク」が必要なワケ

 企業が今後、競争力を維持・強化するには、顧客一人ひとりを理解し、価値あるサービスを提供することが不可欠になる。多くの企業がビッグデータ活用を検討し始めており、これからの企業ITはこの動きに対応する必要がある。

ホワイトペーパー

基幹系データはその場でリアルタイム分析、「攻めが基本」のシステム構築法

 ビッグデータの活用が叫ばれる昨今だが、基幹系システムに保存されている売上情報や顧客情報も例外ではない。販売計画や需要予測、生産計画と組み合わせて分析することで、新たなビジネス上の洞察を得られるようになる。

ホワイトペーパー

防犯だけじゃもったいない、“一石二鳥”の「動画監視システム+顔認証」活用法

 最新の動画・画像監視システムは、顔認識ソフトとの連係など、従来の映像録画専用機にはない機能を備えている。そのため、公共施設や大規模施設だけでなく、オフィスや工場、店舗、病院などでもニーズが高まっている。

ホワイトペーパー

いつものメール配信の見直しから始めるマーケティングオートメーション

 MA(マーケティングオートメーション)ツールは、これからの主流となる「One to Oneマーケティング」を効率化するためのツールである。しかし、関連部署との調整など課題が多く、簡単には使い始められないのが現実だ。

>> もっと見る

注目コンテンツ