ビッグデータ/データ分析比較・選定

PICK UP!

新着記事

ホワイトペーパー

肥大化傾向にあるデータウエアハウスのコスト、最適化に向けたもう一つの選択肢

 ビッグデータの活用は今や、企業のビジネス競争力を左右するカギになっている。しかし、サーバー統合などによってシステム環境の複雑化と肥大化が進むなか、データ分析に課題を抱えている企業は少なくない。

ホワイトペーパー

初心者でも分かる「データベース高速化」最新技法

 データベースは企業の要である。データが急増する中、予算を増やすことなく、より速く、より多くのトランザクションを処理するために、データベースのパフォーマンス改善へのニーズは一層厳しさを増している。

ホワイトペーパー

目的別、オールフラッシュストレージの失敗しない選び方

 オールフラッシュストレージ製品が普及し、選択肢が増えたことで、どこに着目して選べばよいのか、悩んでしまう場面も出てきた。その一方で、コストの面から「従来のディスクストレージで十分」とする声も根強い。

ホワイトペーパー

経験者18人が証言、ビジネスに効くオールフラッシュストレージの活用法とは?

 オールフラッシュストレージの導入が好調な伸びを見せている。容量単価が下がったことで、オールフラッシュストレージはもはや、高性能を必要とする特殊なタスクにだけ使われる存在ではなくなりつつある。

ホワイトペーパー

本場ドイツに学ぶ、「インダストリー4.0」における産学連携の在り方

 ドイツ政府が進める「インダストリー 4.0」は、IoT(モノのインターネット)技術などを活用して製造業の生産性を飛躍的に向上させようとする取り組みである。「第四次産業革命」とも呼ばれ、国際的な注目を集めている。

ホワイトペーパー

クラウドへのデータ移行で失敗しないために知っておくべき3つのこと

 クラウドを導入する企業の多くは、まず、オンプレミスのセカンダリデータをクラウドストレージに移行しようとする。しかし、ペタバイト単位のデータのクラウドへの移動を、安易に進めることは危険である。

ホワイトペーパー

クラウドの契約をする前に、チェックすべき3つの重要ポイント

 クラウドは今や、企業情報システムにおいて、あらゆる面で主流になりつつある。特に、バックアップ、アーカイブ、ディザスタリカバリといったデータ保護の用途でクラウドを利用する企業は増えている。

ホワイトペーパー

クラウド移行のメリットを最大限に高めるデータ管理ソリューションとは?

 デジタル変革が進行し、企業のインフラは劇的な進化を遂げつつある。もはや企業は、クラウドをシステム戦略に組み込むかどうかではなく、いかにしてクラウド移行のメリットを最大限に高めるかを検討すべき段階に入っている。

ホワイトペーパー

サポートが切れた“元祖”セルフサービスBIツールの移行支援サービス

 サポートを終えたOracleの「Hyperion Interactive Reporting(旧称Brio)」から、他のBI製品に移行したいが、二の足を踏んでいるという企業は少なくない。放置しておくとシャドーITになりかねないため、早急に手を打ちたい。

ホワイトペーパー

Excelで1週間かかっていた分析が数時間に、ミズノが 「BI定着」に絞った知恵

 ミズノは、BI(ビジネスインテリジェンス)のスイート製品を導入し、予算編成システムを刷新した。従来、Excelを駆使して1週間程度かかっていた作業を、一人の担当者が数時間で終えられるようになった。

インテルが自ら開発したワイヤレス会議システム

貴重な6分間をムダにしない! “コラボ型会議”を支援する働き方改革の切り札とは

 政府が本腰を入れ、“働き方改革元年”とも呼ばれる2017年。労働環境の高度なIT化を背景に、場所を問わないテレワークやモバイルワーク、サテライトオフィスなどの柔軟なワークスタイル推進を方針の1つとして掲げている。そこで重要になるのが、これからのセントラルオフィスの在り方だ。

ホワイトペーパー

主要3ベンダーのコストに意外な差、SAP HANAのアプライアンス製品比較

 ビッグデータをリアルタイムで分析し、経営戦略や意思決定に活用することは、ビジネスで成功を収める企業にとって欠かせない要件になっている。その基盤として近年活用されているのが、インメモリーデータベースである。

ホワイトペーパー

仮想化アプローチの“死角”、データベース統合のもう一つの選択肢

 運用管理の効率化やコスト削減などを目的に、仮想化技術を用いて社内のサーバー群を統合する企業が増えている。しかし、仮想化による統合が、必ずしも有効ではないケースがある。

>> もっと見る

注目コンテンツ