ビッグデータ/データ分析比較・選定

PICK UP!

新着記事

ホワイトペーパー

デバイスとデータだけじゃダメ、IoTの2大課題を解決するデータベース活用術

 本格的な「IoT時代」が到来しようとしているが、デバイスをインターネットにつなぐだけでは何もできない。有効なIoTソリューションを実現するには2つの課題を解決する必要がある。

製品&サービス

データ同士の関係をアイコンと線で図示するビッグデータ解析ソフト

 エストニアReal Systemsの「VizKey」は、ビッグデータに含まれる個々のデータ同士の関係性を、アイコン(個々のデータ)と線(つながり)によって図示するソフトである。

ホワイトペーパー

獲得単価が5分の1になった例も、サイト訪問者の所属企業が分かると何がおいしい?

 Webマーケターの多くはWebサイトの訪問者やページビューの増大を目指している。しかし法人向けビジネスの場合、必ずしもそれが売上拡大につながるとは限らない。

ホワイトペーパー

直帰率が半減した例も、「IPアドレスでエリアターゲティング」の効能は?

 指定した地域にいるWebサイト訪問者に対してWeb広告を表示する「エリアターゲティング」。最近、この手法をサイト運用に活用する動きが加速している。

製品&サービス

IoTセンサーで農作業者の健康・労務を管理するシステム

 伊藤忠テクノソリューションズの「健康・労務管理IoTソリューション」は、農作業者にウエアラブルセンサーを付けて健康・労務管理や生産性の分析を実現するシステムである。

ホワイトペーパー

「分散プログラミングのスキルがない!」それでもHadoopアプリを開発する方法

 企業が扱うデータ量は圧倒的なスピードで増え続け、分析に使う新しいデータソースも増えている。そこで注目されているのが、Apache Hadoopのような分散処理フレームワークだ。

ホワイトペーパー

データ分析の“民主化”を強力に支援する「データ・プレパレーション」とは何か?

 セルフサービスBIツールの登場も追い風になり、ユーザーによるデータ活用の“民主化”が起こりつつある。しかし、ツールが進化しても良質なデータを準備できなければ意味がない。

ホワイトペーパー

台頭する「デジタル破壊」企業に対抗するために、既存企業が今すべきこと

 既存のビジネスを、デジタル技術を駆使する新興企業が塗り替えていく例が相次いでいる。既存企業がこれに対抗するには、「デジタルビジネストランスフォーメーション」によるデジタル化が不可欠だ。

ホワイトペーパー

「もっとデータが使えれば…」そんな現場ですぐに役立つBIツールの条件

 社内に散在しているデータをもっと有効活用したいと考える企業は多い。しかし従来のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールの多くは専門家向けで、一般のユーザーには扱いにくかった。

TREND

IoTスタート支援サービスが続々

 IoT(Internet of Things)システムの構築を支援するサービスが相次ぎ登場している。センサーやネットワーク、データの可視化サービスなどを一体で、かつ設定を済ませて提供。「すぐにIoTの効果を確認したい」という試験的なプロジェクトに向く。

ホワイトペーパー

“データの氷山”問題を解決し、コスト削減を実現する「統合データ保護」とは?

 企業が競争力を高め、顧客を獲得、維持して売り上げを増やすうえで最も重要な資産は情報だ。しかし、過剰なデータを持ちながら、十分な情報を手に入れられていない組織は多い。

ホワイトペーパー

200社以上の現場分析から抽出した、製造業IoTの“勝ちパターン”

 市場ニーズの短ライフサイクル化や、グローバル化によるプレーヤー増により競争が激化する中、多くの製造業が注目するIoT。だが、仕組み先行で進めて頓挫するケースは多い。

ホワイトペーパー

ネックだったCPU-GPU間を大幅拡張、AIに不可欠なHPCサーバー高速化の工夫

 計算力学や人工知能(AI)などの領域は、「High Performance Computing(HPC)」なしには成り立たない。HPCサーバーの最も基本的な要件の一つはプロセッサの高速性だが、それだけでは不十分だ。

>> もっと見る

注目コンテンツ