ビッグデータ/データ分析

PICK UP!

新着記事

工場IoTの実現に向けた処方箋

4つの事例に学ぶ「工場IoT」 実現のコツ

 いかに高品質な製品をより低コストで生産するか――。グローバル競争が激しくなるに伴い、この必要性がさらに高まっている。しかし多くの製造業では、人間系でできることはすでにやりきっており、これまでの延長線で生産現場の効率化を図ることは難しい。

ノーク岩上の調査データに見る賢いIT選び

第64回 数ある行政の支援策、活用するならいつが得策か?

 人口が減少しつつある日本で新たなビジネスを開拓するには、海外の市場や先進技術にも目を向ける必要がある。しかし、個々の企業が独力でそれらを進めることは難しく、「行政の支援策」を求めたくなる場面も少なくない。このような場合、「行政の支援を受けた後にIT活用に踏み出す」のと、「他社に先行してIT活用を進めた後に行政の支援を受け、さらなる拡大を目指す」のと、どちらが得策なのだろうか?

製品&サービス

Watsonでシステム開発を支援するクラウドサービス

 日本IBMの「IBM Watsonを活用した次世代超高速開発」は、システム開発の高速化・高品質化を支援するツール群をクラウド型で提供するサービスである。プロジェクト管理を支援する「コグニティブPMO」と、アプリケーションの開発と保守を支援する「統合リポジトリー&ツール」の2つのサービスで構成する。

活用できる個人データの作り方

違反すると多額の制裁金、EUプライバシー保護規制との付き合い方

 改正個人情報保護法と並んで、欧州に拠点を持つ日本企業が対応を迫られているのが2018年5月25日から施行される予定の「EU一般データ保護規則(GDPR)」である。データ保護機関が企業に対して頻繁に制裁金を科している点が、日本との大きな違いだ。

活用できる個人データの作り方

本人の同意を得て個人データを流通、情報銀行の可能性を探る

 前回は、本人の同意がなくてもビジネスでデータを活用できる「匿名加工情報」の扱い方を紹介した。それとは対照的に、あくまで本人の同意を得て個人データを流通させて活用できるようにする仕組みが「情報銀行」である。

活用できる個人データの作り方

データ活用の目玉、匿名加工情報はビジネスに使えるか

 2017年5月30日、2015年改正個人情報保護法が全面施行となる。改正の狙いはプライバシーの保護と、個人データを扱うビジネスを両立することだ。第1回はデータ活用の目玉として新たに新設された「匿名加工情報」の使い方を解説する。

製品&サービス

GPUサーバーを時間課金または月額で提供するIaaS

 さくらインターネットの「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ」は、GPU(Graphics Processing Unit)を搭載した物理サーバー機の利用環境を提供するIaaS型のクラウドサービスである。

ドローンがもたらす「空の産業革命」

ドローンが秘める驚異的なデータ収集能力

 ドローンのデータ収集能力は極めて高い。ぱっと見には写真のように見えても、実はドローンが収集した無数のドットデータで描写されたイラストであったりする。ドローンが持つ驚異的なデータ収集能力が、どう実現されていて、どう活用されているのか。その実態を明らかにする。

ホワイトペーパー

必要性増す「パケットによるトラフィック解析」、その効能と解決課題

 ネットワークはビジネスの生命線となった今、その安定運用はすべての企業にとって重要な課題である。そのためには、パケットを利用してトラフィックを継続的に把握することが不可欠である。

ドローンがもたらす「空の産業革命」

2020年、東京の空にドローンが五輪を描く?

 ドローンのパイロットは、地上からリモートで操縦する。ラジコンと同じ仕組みだが、様々なセンサーを実装するドローンは既存の無人ヘリなどに比べて操縦しやすいという声が多い。実際にどう操縦するのかを、ここでは産業用ドローンを想定して操縦方法を見ていこう。

DATA&DATA

AIに関する10の誤解、技術よりも人材がカギ

 ガートナー ジャパンは人工知能(AI)に関する「誤解」を発表した。「すごく賢いAIが既に存在する」という誤解について、現時点では世の中に、「人間と同様の知能」を実現する技術はないと指摘。AIを使えば「誰でもすぐに『すごいこと』ができる」という誤解には、「それほど単純ではない」とし、「すごいこと」を成し遂げるには、技術と技術者が必要とした。

ドローンがもたらす「空の産業革命」

ドローンの本当のすごさ、知っていますか?

 ドローンを、飛行機やヘリコプター、飛行船など、数ある航空機の1つとしか捉えていない人が多いように思う。あなたはどうだろうか?ドローンは、私たちがよく知る既存の航空機とは、全く異なるものだ。その正体は“空飛ぶロボット”である。

グルメサイトRettyのAI舞台裏

RettyはAI基盤をアキバで調達

 実名型口コミのグルメ情報サービスRettyでは、独自のAI開発に取り組み、従来人手に頼ってきた仕事を着々とAI(人工知能)に置き換えています。インターンシップのコストや人件費は別として、AI基盤に投じたのは約50万円のみです。今回は、RettyでどのようにAI基盤を構築したかについて紹介します。

>> もっと見る

注目コンテンツ