ビッグデータ/データ分析

PICK UP!

新着記事

ホワイトペーパー

仮想化アプローチの“死角”、データベース統合のもう一つの選択肢

 運用管理の効率化やコスト削減などを目的に、仮想化技術を用いて社内のサーバー群を統合する企業が増えている。しかし、仮想化による統合が、必ずしも有効ではないケースがある。

日の丸AIの挑戦

「日本には肝心なAI研究インフラがない」、一人1ペタFLOPSの環境を提供する理由

 産業技術総合研究所は2018年初頭から、深層学習など人工知能(AI)技術の研究に特化したコンピュータ基盤「AI橋渡しクラウド(ABCI)」を稼働させる。ABCIの調達に関わる東京工業大学(東工大)情報理工学研究科教授の松岡聡氏は、このABCIの一部をAIチップの実験向けに開放する考えという。

ここまで来た!オープンデータ

オープンデータが地域を変える

 オープンデータで地域を変えようという動きが全国に広がっている。警視庁のオープンデータで、世界最高精度の犯罪予測アルゴリズムが開発され、防犯に役立てられそうだ。

「タイムズ」のすごいIoT

「動く」と「停める」で最大手に成長したパーク24、システム内製で追随許さず

 時間貸し駐車場「タイムズ」とカーシェア「タイムズカープラス」でともに業界首位に立ったパーク24。強さの秘密は無人サービスで培ったIoTと自前のシステムにあった。

ホワイトペーパー

世界銀行グループの業務戦略マネジャーに聞いた「見えない業務」の怖さと撲滅法

 変化に富んだ今日のビジネス環境で成功を収めるには、業務プロセスを日常的に見直せる新しい手法が求められる。その前提として必須になるのが業務の可視化だが、リスク管理やBCP対策の点からも非常に役立つ。

ホワイトペーパー

個別最適の“呪縛”から企業を解放、ビジネスプロセス管理の効き目とは?

 ERPパッケージの導入により、全社的な業務の標準化を図る企業は多い。しかし、従来の個別最適化の考え方を残したままERPを導入しても、ユーザーである事業部門からは改善どころか、改悪と捉えられてしまいかねない。

ホワイトペーパー

主要3ベンダーのコストに意外な差、SAP HANAのアプライアンス製品比較

 ビッグデータをリアルタイムで分析し、経営戦略や意思決定に活用することは、ビジネスで成功を収める企業にとって欠かせない要件になっている。その基盤として近年活用されているのが、インメモリーデータベースである。

日の丸AIの挑戦

東芝の「脳を模倣した」AIチップ、フラッシュ派生技術で省電力化

 脳は、電力効率の点でノイマン型コンピュータより圧倒的に優れている。その部分は脳を模倣し、他は半導体技術での実現のしやすさを優先した」。東芝 半導体研究開発センターの出口淳参事は、同社が2016年11月に学会で公表したAIチップ向け半導体回路技術について、このように表現する。

ここまで来た!オープンデータ

「法人インフォ」がビジネスを変える

 マイナンバー制度で国内約400万の企業などに指定された13桁の法人番号。その法人番号で全省庁が保有する企業の情報をオープンデータにした「法人インフォ」の運用が始まった。法人インフォがビジネスを大きく変える可能性がある。

日の丸AIの挑戦

加熱するAIチップ開発、王者エヌビディアに日本勢が挑む

 人工知能(AI)の演算処理を高速化できる半導体チップ「AIチップ」の開発競争がヒートアップしている。2017年から2018年にかけて、第3次AIブームの火付け役である深層学習(ディープラーニング)の演算に特化したチップが、国内外で相次ぎ登場しそうだ。

ここまで来た!オープンデータ

世界標準を狙う日本発オープンデータ

 トヨタが静岡市と組んで、オープンデータで世界標準仕様を打ち出した。厚生労働省は世界有数の規模と網羅性のある医療データをオープンデータ化した。日本が誇る公共交通網をオープンデータで世界に発信する取り組みも広がり始めた。それぞれの狙いを紹介する。

新ITキーワード2017

「リアルタイムERP」、蓄積した大量データを今すぐ分析

 ERP(統合基幹業務システム)に入力したデータを、すぐに経営状況の分析に役立てたい。2017年はこんな要望に応える「リアルタイムERP」の導入が進みそうだ。これまでの業務処理機能に加え、大量データを瞬時に処理する機能を備えるERPだ。

盤石のバックアップ環境と支援体制を検証事例から探る

簡単に導入できる製品と技術支援がカギ 最善のバックアップ環境構築の切り札とは?

規模の大小にかかわらず、基幹システムや各種データのバックアップシステムは、企業にとって欠かせないものとなっている。何らかの原因で基幹システムに異常が発生した場合、バックアップがあれば迅速に復旧でき、業務への影響も最小限に抑えられるからだ。

>> もっと見る

注目コンテンツ