コラボレーション

PICK UP!

新着記事

パラダイムシフトの実現は「クラウドの選択」がヒント

収益拡大につなぐ デジタルビジネス創出の条件

 グローバルな研究開発体制を整え、いかにデジタル技術をビジネスに取り込んでいくかが企業の課題になっている。「デジタル・トランスフォーメーション」の基盤となるクラウドの選び方や活用法をITRの金谷敏尊氏に聞いた。

製品&サービス

NECのIP電話システムと連携するWeb電話帳ソフト

 トランス・アーキテクトの「Extension Power」は、NEC製のIP電話システムと連携して動作するWeb電話帳ソフトである。

社員のIDだけを管理するのではもう不十分?

ID&アクセス管理の「新潮流」 今必要なIAM環境と活用法とは

 業務で使うユーザーIDの管理、システムへのアクセス権限設定やシングルサインオン(SSO)を実現するため、多くの企業が活用する「ID&アクセス管理(Identify & Access Management:IAM)」。クラウドサービスの利用が当たり前になった現在は、このIAMの適用範囲や活用法が大きく変わりつつある。NTTコミュニケーションズ「ID Federation」を基に、その最新事情を...

デジタル・トランスフォーメーションの最新動向とクラウド選び

「クラウドノーマル」時代のビジネス創出に向けたICT課題と解決策

 デジタル・トランスフォーメーション時代に、企業はどんなクラウドが必要なのか。その課題を、NTTコミュニケーションズのクラウド・エバンジェリスト 林雅之氏と日経BP社イノベーション研究所の桔梗原富夫が紐解いた。

製品&サービス

働き過ぎを検知できる法人向けクラウド型SNSサービス

 トークノートの「Talknote」は、社内SNSの機能をクラウド型で提供するサービス。直近の強化では、働き過ぎを検知する機能を付けた。

採用の成否で企業の存亡が決まる

少子化時代を勝ち抜け! 優秀な人材を獲得する「Web面接」の極意

 事業継続・拡大に必要な人材をどう確保するか――。このことがあらゆる企業の課題になっている。すでに飲食業界などでは、人手不足が原因で事業縮小を余儀なくされるケースも出始めた。人口減少が加速する現在、今後は他業界でも同様の問題が起こるだろう。この状況の下、他社に先駆けて優秀な人材を獲得するには、「ITによるプロセス改革」がカギとなる。そのポイントを検証する。

モバイルワークの必須ツールに盲点あり!?

常識になったOffice 365活用 そこで生まれる「リスク」と「対処法」とは

 時間や場所に縛られない働き方を実現する手段として、マイクロソフト「Office 365」の活用が広がっている。一方、利用が拡大する中では「情報セキュリティ」に関するリスクも指摘されるようになってきた。ここでは、Office 365「+α」によるセキュアなビジネスの実現方法を考える。

ホワイトペーパー

どの企業も直面する“壁”を働き方改革で崩すための検討ポイント

 企業における「ワークスタイル改革」の必要性が指摘されているが、ワークスタイル改革は手段であってゴールではない。目的を明確にしないまま、やみくもにプロジェクトを進めても成功はおぼつかない。

製品&サービス

内線の代わりにチャットを使うオフィス受付サービス

 ディライテッドの「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」は、内線電話の代わりにチャットサービスを利用して来客を知らせるクラウド型のオフィス受付システムである。

チャット「Slack」活用術

打倒Slack、マイクロソフトの勝算は?

 米Microsoftは2017年第1四半期、チャットサービス「Microsoft Teams」の一般提供を開始する。チャットベースのコミュニケーションツールで、開発ツールをはじめとした外部サービスとの連携機能を備えるなど、Slackに対する対抗意識が透けて見える。

チャット「Slack」活用術

Slackがあらゆる作業の基盤になる

 Slackは外部ツールと連携する機能を豊富に備えている。簡単に設定できるが自由度の低い方法もあれば、複雑だが柔軟に設定できる方法もある。また、人間の作業を代わりに作業を実行するプログラム「Bot」も利用できる。

製品&サービス

受信ファクスをチャットで確認できるクラウド型グループウエア

 キヤノンマーケティングジャパンの「HOME type-AP」は、クラウドストレージやチャット機能によって社員同士の意思疎通を図れるようにした、クラウド型のグループウエアソフトである。

チャット「Slack」活用術

Slack活用がみるみる進む社内ルール

 Slackは自由度が高いため、野放図な利用になりがち。ただ、制約を強めすぎると利用されなくなってしまう。自由な活用と企業としての管理を両立させた、適切なルールやガイドラインを設定する必要がある。

>> もっと見る

注目コンテンツ