コラボレーション

PICK UP!

新着記事

データは「溜める」から「使うことを前提にした管理」の時代へ

大量データ時代を勝ち抜く、大容量アーカイブストレージ選択の決め手

 単にデータを溜めるだけでなく、いかに活用しやすい状態で格納しておくか。IoT時代を視野に、これまでのストレージでは想定していなかった規模と用途への対応が求められている。ペタバイトクラスのデータ管理の最適解として注目を集める大規模・大容量型SDS(Software Defined Storage)。その全貌に迫る特別鼎談をお届けする。

ホワイトペーパー

働き方改革のために最適なグループウエアとは? クラウド型が選ばれる5つの理由

 グループウエアは生産性向上や新しい働き方を実現するコミュニケーションツール。クラウド型、ハイブリッド型、オンプレミス型の3種類がある。どれを選べばいいか、金額から使い勝手まで、あらゆる観点で比較した。

国産メインフレームの更改に終止符!情シスが選んだ新たな選択肢とは

JR貨物、鉄道コンテナ輸送の総合管理システムをリプレース

 「メインフレームを単純更新するのは今回限り」。日本で唯一、全国を一元管理して鉄道貨物輸送を行っている日本貨物鉄道株式会社、通称JR貨物で経営陣がそう決断したのは平成24年1月のことだ。同社の情報システム部は、次の更新時期の平成29年までに新たな対応策を経営陣に提案することが求められた。

グダグダ会議撲滅法

集まらなくても大丈夫、丸亀製麺流SNS会議

 「そもそもわざわざ集まる必要があるの?」うどん店チェーン「丸亀製麺」を運営するトリドールは、会議の必要性そのものを見直し、社内SNSで代用。バーチャル会議のファシリテーターが運営の勘所を明かす。

ホワイトペーパー

働き方改革を推進する“「会議」と「電話」のクラウド化”を成功に導く方策とは

 働き方改革の実現に向けて、在宅勤務やモバイルワークなどの場所に縛られないテレワーク環境の必要性が高まっている。質の高いモバイルワークを実現するには、高品質で扱いやすいコミュニケーションツールが必要だ。

グダグダ会議撲滅法

味の素の会議、「無限ホワイトボード」で議論を可視化

 会議の終了後には議事録を作るが、議論の最中には板書しない。こんな会議では意見のすれ違いや勘違いが起こりがちだ。味の素はマイクロソフトの大画面コミュニケーションツール「Surface Hub」で議論の見える化に取り組む。

事例:営業活動もオンラインの時代へ

顧客数は10倍、成約率も3倍に! あるWeb企業が急成長した理由とは

 営業プロセスを効率化して、クロージングまでの時間を短縮。成約案件数を一件でも増やしたい――。多くの経営者が頭を悩ませるこの問いに対し、クラウドを活用した「オンライン営業」で答えを出したのが、未来電子テクノロジーである。同社が驚くべき成果を上げられた理由に迫る。

グダグダ会議撲滅法

住友生命の会議を救う「隠れファシリテーター」とは?

 住友生命保険のIT刷新プロジェクトでは会議メンバー全員が会議の仕切り術「ファシリテーション」を学び、実践する。若手も女性も、気後れせず率直に意見を言えるようにするためだ。

グダグダ会議撲滅法

圧縮して働く!?リクルートのグダグダ会議撲滅術

 リクルートホールディングスは専門性を持つ社員が時間限定で働く「ZIP WORK」を推進中。短時間でスッキリ終わる会議の勘所ははじめと終わりにある。

日経BPイノベーションICT研究所 桔梗原所長が訊く

世界で進むデジタル変革の潮流 社内サービスの中にあるチャンスとは

IoT時代が到来し、2020年までには全世界で500億個を超えるデバイスがインターネットに接続されると予測されている。AIやロボティクスの活用もさらに進んでいくと見込まれている。

「リテールテックJAPAN 2017」インテルブースレビュー

3Dデータ検出やセンサー、AIを活用した次世代リアル店舗ソリューション

 「リテールテックJAPAN 2017」(主催:日本経済新聞社)が、2017年3月7日から10日まで東京ビッグサイトで開催された。様々なソリューションが立ち並ぶ中で、新しい小売・流通の姿を感じさせるエッジの効いたデモが集中しているブースがあった。それが、パソコンのCPUなどで有名なインテルのブースだ。

ホワイトペーパー

一人1日1.26時間の節約とシャドーIT解消、サイバーエージェントのチャット定着術

 サイバーエージェントはインターネット広告の事業部門向けに法人用チャットツールを導入した。約1000人の利用者で、月に計2万5000時間以上の業務効率化を実現すると同時に、懸案だったシャドーIT問題も解決した。

ホワイトペーパー

70歳以上の社員も活用、老舗の呉服チェーンが選んだビジネスチャットツール

 婦人服や呉服などファッション関連用品のチェーン店を展開する鈴花は、グループ合計105店舗への情報伝達に、ビジネス向けチャットツールを導入した。年配者の多い現場での情報伝達と共有の効率化に役立てている。

>> もっと見る

注目コンテンツ