クラウド検討

PICK UP!

新着記事

DATA&DATA

クラウド構築・管理ソフト、年率3割超の高成長続く

 IDC Japanはクラウドサービスの構築・管理に使う「クラウド・インフラストラクチャー・ソフトウエア」に関する調査結果を公表した。2015年の市場規模は前年比47.0%増の217億9600万円に達し、2016年は同40.6%増の306億5400万円に拡大するとした。

これからのクラウド連携の考え方、ハイブリッドクラウドのあるべき姿とは

 ハイブリッドクラウドに対するアプローチ方法は、オンプレミスを中心とした形態から、パブリッククラウドを核に構成される形態へとシフトしていくと予想される。ハイブリッドクラウドの核となるパブリッククラウドとは、具体的にどのようなものなのか。

富士通の全社システムクラウド化への挑戦、パブリッククラウドをベースとしたICT基盤とは

 パブリッククラウドの活用には様々なメリットがあるが「社内の全システムをパブリッククラウドに移行するのは不可能」と考えている読者も多いはずだ。しかしすでに、全社システムをクラウド化するための取り組みを進めている企業が存在する。ここではICT企業の富士通の社内実践を例に、どのような取り組みが行われているのかを見ていきたい。

DATA&DATA

中小企業の1割が基幹刷新、クラウド活用の機運高まる

 ノークリサーチは国内の中小企業の基幹系におけるクラウド活用動向を調べた。売上高500億円未満の企業では、11.1%が今後1年以内に導入済みのERP(統合基幹業務システム)や基幹系システムを刷新すると回答した。

インタビュー

富士通が社内PaaSを拡充、自社クラウド「K5」上でマイクロサービス化も

 富士通は、全社内システムを「FUJITSU Cloud Service K5」へ移行中。認証やプリントといった業務共通機能をPaaS化し、アプリのマイクロサービス化にも踏み込む。K5への移行手法を聞いた。

企業ネット実態調査2016

[企業ネット実態調査]SaaSの勢いに陰り、アマゾンがPaaSとIaaSでトップ

 クラウドサービスの利用は順調に伸びている。特にアプリケーションをネット経由で利用する「SaaS」は利用中の企業が44.3%に達した。ただし、2015年調査に比べた伸び(利用中の企業)はわずか1.1ポイントにとどまった。

インタビュー

5万台のサーバー巻き取りで350億円削減、富士通が自社クラウド「K5」を育成中

 富士通は、全社内システムを自社クラウド「FUJITSU Cloud Service K5」へ移行中だ。5万台のサーバー、600超のシステムを相手にした一大プロジェクトを乗り越え、実践で得たノウハウや知見を顧客に提供することがゴール。社内システム移行の進捗を聞いた。

Windowsサーバーは最適解ではない

NECがオフコン事業からの撤退を発表。ユーザーはどこへ向かえばいいのか?

 オフィスコンピューター、略してオフコン。NEC、日本IBM、富士通は、かつて“オフコン3強”と言われてきた。しかし、その一角を占めるNECがオフコンのサポートを終了する旨を発表し撤退を決めた。

クローズアップ!注目製品&サービス解説

クラウド/モバイル/ビッグデータをまとめて生かす「第3のプラットフォーム」

 企業経営に占めるITの重要度が年々高くなっている。ここ数年間のクラウドサービスやモバイル環境の普及に加え、IoT(モノのインターネット)が現実味を帯び始め、これまでのITインフラでは対応できなくなってきた。新たな事業、製品、サービスを素早く開発するための「リーンスタートアップ」という手法を採用する企業が増えているのはその証拠である。事業環境に応じてITリソース量を柔軟に使用できるクラウド環境やモ...

オフィス空間のプロが絶賛したスマートソリューション

ワークスタイル変革を促す簡単・直感的なワイヤレス会議システム

 働き方改革が声高に叫ばれる中、インテルが提供するスマート会議システムが注目を集めている。それが「インテル® Unite™ ソリューション」だ。ワイヤレスで画面・資料の共有が可能となる。6桁のPINコードを打ち込めば会議に参加できるというシンプルな操作方法も大きな特長だ。

「コスト削減」「運用負荷軽減」「簡単に移行できる」…、そうではなかった!

システム管理者の負荷を軽減し、“働き方改革”を推し進めるクラウドとは?

 クラウドがビジネスの現場に浸透しつつある。ただ、「こんなはずではなかった」という声を聞くこともある。クラウドを上手に使いこなしている企業がある一方で、期待した効果が得られなかったというケースもある。

働き方変革人の仕事術

Uberに負けるな!配車アプリ開発のJapan Taxi

 米ウーバー・テクノロジーズなどライドシェアサービスの台頭を迎え撃つ日本のタクシー業界。配車アプリの開発を手掛けるJapanTaxi(東京・千代田)はオフィス移転を機にワークスタイルを変革する。人事評価制度も刷新。速く動き、周囲と協力してプロジェクトを生み出す仕事のスタイルを定着させる。

働き方変革人の仕事術

考え込むな、まず動け!GEジャパンの「ファスト・ワークス」

 「インダストリアル・インターネット」を掲げ、デジタル・トランスフォーメーションを急速に進めるGE。米シリコンバレーのベンチャー企業にならい、働き方変革も進める。ITを駆使したコミュニケーション改革に加え、部下から上司への報告や人事評価などのマネジメント手法も全面刷新。新・GE流経営を打ち立てる。

>> もっと見る

注目コンテンツ