クラウド

PICK UP!

新着記事

知られざるAzureバージョンアップ問題

成熟し切っていないAzure新ポータル、旧ポータルの併用が必要

 前回、Azureには、新旧の管理ポータルとデプロイメントモデルがそれぞれ存在することを説明した。今回は、新旧のポータルについて掘り下げてみよう。

製品&サービス

国内データセンターで使える「Alibaba Cloud」

 SBクラウドが国内で提供する「Alibaba Cloud」は、中国最大手のパブリッククラウドサービスである。単一アカウントで日本や他国のデータセンターを円建てで利用できる。

今改めて問われる安全管理、IoTの活用が現実解に

 人間の注意力に頼らず、組織として確実かつ合理的な安全管理を実現するにはどうすればよいのか。安全管理の基本的な考え方や、技術を活用しながら労災リスクを低減する勘所を紹介する。

シフト表をはじめとする三大機能でマイクロソフトが現場改革

小売・サービス業などのモバイルワーカーの働き方改革を実現する新クラウドサービス

 「Microsoft Office 365」の利用者に提供されるMicrosoft StaffHubは、オフィス外の現場で働くモバイルワーカーの業務効率化や働き方改革を強力に支援する。

高度化するWebの標的型攻撃へ対抗

マルウエアのリスクを無害化する「分離ソリューション」の威力

 無害化されたWebの描画情報のみをブラウザーに表示する「分離(アイソレーション)」と呼ばれる新技術が注目されている。「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」に、この技術を応用したセキュアブラウジングオプションが追加された。

知られざるAzureバージョンアップ問題

Azureでは新旧のポータル/デプロイモデルの使い分けが必要

 米マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」には2016年11月25日現在、ユーザーにとって仮想マシンやストレージなどリソースの管理画面となる「ポータル」が新旧二つある。加えて、Azureのクラウドサービスの基盤である「デプロイモデル」も、新旧の2種類が存在する。

ガートナー直伝!IT導入ワンポイントアドバイス

しっかりした顧客戦略の下、タイミングよくダイレクトな顧客サポートを提供せよ

 デジタル技術が企業のビジネスを変えている。ここで重要なポイントは、デジタル技術が進化しているだけでなく、ターゲットとなる顧客自体もデジタル技術を活用して進化しているという点だ。顧客なしにはビジネスは成り立たないことを忘れてはならない。ビジネスを成長させるために、顧客に対して何を働きかければよいのか。これは大きく、四つの要素にまとめられる。

AWS re:Invent 2016現地レポート

巨大コンテナSnowmobileやソラコムブースなど、米アマゾンイベント

 長さ13.7メートルの巨大コンテナ「AWS Snowmobile」が横たわり、米国進出を開始したソラコムがブースを出展するなど、米アマゾン ウェブ サービス(AWS)が開催中の「AWS re:Invent 2016」では、来場者の目を引く展示が多数見られた。

インタビュー

「勤怠管理や経費精算を一体化した唯一無二のクラウドサービスを」

 勤怠管理や経費精算のクラウドサービス「TeamSpirit」を提供するチームスピリットは2016年12月12日、新サービスの「TeamSpirit WSP」を発表した。「プランナー」と呼ぶカレンダー形式のビューを中心に、従来サービスで提供している勤怠管理や経費精算などを連携させた。

AWS re:Invent 2016現地レポート

AWSが運用管理を大幅強化、CIの「CodeBuild」など12サービスを追加

 「アプリケーション開発をトランスフォーム(変革)する」。米AWSのWerner Vogels CTOは2016年12月1日、「AWS re:Invent」の基調講演においてそう宣言。CI(継続的インテグレーション)やセキュリティ、監視などの新サービスを12種類立て続けに発表した。

AWS re:Invent 2016現地レポート

MSやIBM追撃の会話アプリ向け「Amazon Lex」など、AWSが15サービス投入

 「顧客の様々なワークロードをクラウドに移行するには、適切なサービスの選択肢を豊富に用意することが重要」――。米アマゾン ウェブ サービス(AWS)のアンディ・ジャシーCEO(最高経営責任者)は2016年11月30日(米国時間)、「AWS re:Invent 2016」の基調講演でこう述べた。

AWS re:Invent 2016現地レポート

通信すら飲み込むAmazon、ルーター用半導体も自社開発と公表

 「全世界を100Gビット/秒の専用光ファイバー網で接続」「ルーター/スイッチ用半導体は自社開発」「一つのアベイラビリティゾーンで30万台のサーバーを運用」――。米Amazon Web Services(AWS)でデータセンター(DC)戦略を統括するJames Hamiltonバイスプレジデントは2016年11月29日(米国時間)、「AWS re:Invent 2016」の基調講演で同社のクラ...

デジタルマーケティング推進を支援するマネージドサービス

機会損失を防ぎ顧客体験向上を進めるためのデジタルマーケティングの現実解

 アバナードとサイトコアの協業によって実現したCX向上のためのマネージドサービス「DMMS(Digital Marketing Managed Service)」によって、ユーザーはマーケティングの本質的な部分に資源を集中できる。

>> もっと見る

注目コンテンツ