クラウド

PICK UP!

新着記事

すでに世界レベルで流行期に入ったオープンAPIテクノロジー

APIの有効活用で、部門や組織を超えたビッグビジネスの実現を

 金融業界を中心に、オープンAPI活用の動きが加速している。未来にかかり始めた成長鈍化という"もや"を打破し、果敢に新しいマーケットを獲得しようというもので、そこで中核的な役割を担っているのがCA オープンAPIソリューションだ。企業情報システムの開発現場を熟知するニッセイ情報テクノロジーとCAがその最前線の動きを報告する。

盤石のバックアップ環境と支援体制を検証事例から探る

簡単に導入できる製品と技術支援がカギ 最善のバックアップ環境構築の切り札とは?

規模の大小にかかわらず、基幹システムや各種データのバックアップシステムは、企業にとって欠かせないものとなっている。何らかの原因で基幹システムに異常が発生した場合、バックアップがあれば迅速に復旧でき、業務への影響も最小限に抑えられるからだ。

DATA&DATA

クラウド構築・管理ソフト、年率3割超の高成長続く

 IDC Japanはクラウドサービスの構築・管理に使う「クラウド・インフラストラクチャー・ソフトウエア」に関する調査結果を公表した。2015年の市場規模は前年比47.0%増の217億9600万円に達し、2016年は同40.6%増の306億5400万円に拡大するとした。

ホワイトペーパー

安川情報が基幹システム再構築に選んだ「基幹システム特化型」クラウドサービス

 安川電機グループのIT事業会社である安川情報システムは、基幹システムをERP(統合基幹業務システム)の「SAP S/4HANA」に統合し、その運用基盤に基幹システム特化型クラウドサービスを採用した。

ホワイトペーパー

国際宇宙ステーションも採用した「基本性能重視」のオールフラッシュストレージ

 「大容量データ時代」を迎えて、ストレージを取り巻く環境が大きく変わりつつある。現場では、ストレージが遅くて仕事が進まなかったり、大容量データを取っておけなかったりする課題が顕在化している。

ホワイトペーパー

会計/給与ソフトを導入しても、経理、労務・人事担当者が楽にならないのはなぜ?

 中小企業のバックオフィス業務では、いたるところで業務やデータの分断が起きているケースが少なくない。会計や給与ソフトを使っているにも関わらず、手作業に頼る部分が残り、担当者は非効率な作業を強いられている。

ホワイトペーパー

成功事例にみる、ホワイトカラーの生産性向上とクラウドERPの関係とは?

 ホワイトカラーの労働生産性向上は、いつの時代も企業の大きな課題だ。だが従来の“レガシーERP”の多くは、製造業をバックグラウンドとしており、ホワイトカラーの生産性向上に最適化した設計になっていない。

ホワイトペーパー

デジタルマーケティング成功の鍵はコンテンツ管理とマーケティング機能の統合にあり

 Webサイトは、企業と顧客を結ぶ重要なチャネルである。しかし、Webサイトをマーケティングに活用できている企業は意外と少ない。加えて、サイトのガバナンスの不在によりデザインやメッセージが不統一になりがちである。

ホワイトペーパー

グリーが入社・退社の管理業務をExcelからクラウドサービスへ移した理由

 グリーは2017年1月、従業員の入社・退社などの管理業務をExcelからクラウドに全面移行し、関連業務の効率化・自動化を実現した。同社は以前にもIT資産管理システムなどをクラウド上で開発・リリースしている。

これからのクラウド連携の考え方、ハイブリッドクラウドのあるべき姿とは

 ハイブリッドクラウドに対するアプローチ方法は、オンプレミスを中心とした形態から、パブリッククラウドを核に構成される形態へとシフトしていくと予想される。ハイブリッドクラウドの核となるパブリッククラウドとは、具体的にどのようなものなのか。

富士通の全社システムクラウド化への挑戦、パブリッククラウドをベースとしたICT基盤とは

 パブリッククラウドの活用には様々なメリットがあるが「社内の全システムをパブリッククラウドに移行するのは不可能」と考えている読者も多いはずだ。しかしすでに、全社システムをクラウド化するための取り組みを進めている企業が存在する。ここではICT企業の富士通の社内実践を例に、どのような取り組みが行われているのかを見ていきたい。

DATA&DATA

中小企業の1割が基幹刷新、クラウド活用の機運高まる

 ノークリサーチは国内の中小企業の基幹系におけるクラウド活用動向を調べた。売上高500億円未満の企業では、11.1%が今後1年以内に導入済みのERP(統合基幹業務システム)や基幹系システムを刷新すると回答した。

製品&サービス

セルフで仮想マシンを作れるVxRailベースのクラウド構築基盤

 デルとEMCジャパンの「Dell EMC Enterprise Hybrid Cloud」は、ユーザー部門が自身で簡単に仮想サーバーを作成して調達できるIaaS型のクラウド構築基盤である。

>> もっと見る

注目コンテンツ