事例

新着記事

日産、世界で500を超えるプロジェクトの仕掛かり状況をクラウドで可視化・共有

 日産自動車は、グループ内で年間500〜600件にも上るITプロジェクトを管理するため、専用のクラウドサービスを導入。世界中のプロジェクト情報をほぼリアルタイムで可視化して共有できるようにした。(01月18日)

福岡ひびき信金がストレージ仮想化、運用コストを大きく減らし性能は5倍に

 システムの仮想化を推進する福岡ひびき信用金庫が、サーバーやデスクトップに続き、ストレージを仮想化した。「SDS」でメーカーの異なるストレージを一元管理している。(12月21日)

宇宙の謎解明に「計算パワーはいくらあっても足りない」高エネ研が選んだサーバー群

 高エネルギー加速器研究機構は、2017年秋に開始する国際共同実験「Belle II実験」を前に、中央計算機システムを刷新した。同実験では膨大なデータを収集・解析するために、従来とは桁違いの計算パワーとリソースが必要になる。(12月21日)

>> もっと見る

注目コンテンツ

ホワイトペーパーランキング(昨日)