事業継続

PICK UP!

新着記事

ホワイトペーパー

「4秒ルール」はもう古い、WebサイトがサクサクになるCDNの賢い選び方

 情報収集にインターネットを使うことが当たり前になった昨今、ECサイトやコンテンツ配信事業者に限らず一般の企業でも、自社サイトのレスポンスや使い勝手がビジネスに影響するようになってきた。

ホワイトペーパー

クレーン大手のタダノがデータセンター活用で得た“一石二鳥”

 建設用クレーン大手のタダノは、本社のサーバールームで運用していた約100台の仮想サーバーを、電力系通信事業者が運営するデータセンターに移行した。東日本大震災で災害の脅威を痛感し決断した。

ランサムウエア 脅かされる日本企業

支払いは最後の手段

 ランサムウエアの感染を100%防ぐのは不可能だ。まずは感染リスクを抑える「設定変更」と「バックアップ」を徹底し、それでも感染した場合に備え、利用部門や経営層も巻き込んだ訓練を積む。安易に支払わず、攻撃者を遠ざける対策を進めたい。

ランサムウエア 脅かされる日本企業

ビットコインで荒稼ぎ

 稼ぎたいが捕まりたくない―。ランサムウエアに群がるサイバー攻撃者の狙いは共通だ。身を隠しながら世界中から身代金を集めるインフラにランサムウエア攻撃者が選んだのが仮想通貨「ビットコイン」だ。

ランサムウエア 脅かされる日本企業

被害件数は5倍増

 ある日突然、データを操作できなくなり、PCの画面一面には「元に戻したければ金を払え」との脅迫文が―。データを暗号化して解除費用を要求すランサムウエアの仕業だ。世界的なサイバー脅威は、危機意識の無い日本企業を狙っている。

ホワイトペーパー

ITシステムの“最悪の状況”に備えて、今、知っておくべき5つの戦略

 ITインフラが打撃を受けるような“最悪の状況”は、いつ起こるかわからない。脅威に直面してもシステムの復旧力を維持し、データの可用性を保証するための戦略を検討しておく必要がある。

ホワイトペーパー

バックアップデータの「重複排除機能」、そのムダをさらに排除する新手法とは?

 大き過ぎるデータはバックアップに時間がかかるだけでなく、保管に多大なコストがかかる。バックアップデータの「重複排除」はこうした問題に効果的だが、課題もある。

製品&サービス

障害の予兆を検知する監視システムを構築するSIサービス

 インターネットイニシアティブの障害予兆検知サービスは、機械学習を活用することによって障害の予兆を検知できる監視システムを構築するSIサービスである。

3つの視点から探るバックアップ活用の勘所(第3回)

バックアップ運用をめぐる予算・人材の課題をトータルに解消 ~ 「一人情シス」にも最適なソリューションとは ~

 企業の規模にかかわらず、業務がITに依存している限り、システム障害や人為的なミスによるデータの消失が起こると、その業務に致命的な影響を与えることになる。例えば、学校の職員室で生徒の成績データがなくなれば、成績表を発行できないし、小さな店舗で売り上げデータが消失すると、確定申告を行えない。システム規模が小さいからといって、データのバックアップを取ることをおろそかにはできないはずだ。

ホワイトペーパー

“データの氷山”問題を解決し、コスト削減を実現する「統合データ保護」とは?

 企業が競争力を高め、顧客を獲得、維持して売り上げを増やすうえで最も重要な資産は情報だ。しかし、過剰なデータを持ちながら、十分な情報を手に入れられていない組織は多い。

ホワイトペーパー

安定稼働だけでは許されない、これからのシステム監視のミッションとは?

 ソフトウエアがビジネスに与える影響はますます大きくなりつつある。従来のようなサイロ化したシステム監視体制で、ユーザーの満足度を維持・向上させることは難しい。

ホワイトペーパー

Webサイトを訪れたユーザーの“隠れた不満”をリアルに把握する方法

 「デジタルカスタマー」が増えるにつれ、Webサイトのパフォーマンスは業績や売り上げに大きな影響を与えるようになった。法人向けサイトや社内の業務システムでも重要なファクターになりつつある。

ホワイトペーパー

「インターネット分離」とも好相性、クライアント操作ログ管理の抑止力

 情報漏えいと聞くと外部の犯行と思いがちだが、実は社内に原因があることが多い。とはいえ、過度な対策はユーザーの業務効率を低下させる恐れがある。

>> もっと見る

注目コンテンツ