事業継続

PICK UP!

新着記事

盤石のバックアップ環境と支援体制を検証事例から探る

簡単に導入できる製品と技術支援がカギ 最善のバックアップ環境構築の切り札とは?

規模の大小にかかわらず、基幹システムや各種データのバックアップシステムは、企業にとって欠かせないものとなっている。何らかの原因で基幹システムに異常が発生した場合、バックアップがあれば迅速に復旧でき、業務への影響も最小限に抑えられるからだ。

プロに聞く!最新技術動向&活用ポイント

急拡大するSDN:導入前に押さえたい、効果を最大化する「コツ」とは?

 急速に広まる「SDN(Software-Defined Networking)」。柔軟かつ拡張性豊かなネットワークの仕組みを実現するほか、巧妙化する標的型メール攻撃などに対する、セキュリティ強化施策としての側面にも注目が集まっている。このSDNのメリットを最大化する導入・構築方法を、ITインフラのプロに聞く。

ITpro Active製品選択支援セミナーレビュー

何がITアウトソーシングの成功と失敗を分けるのか? セミナーとパネルディスカッションで議論

 企業のIT部門が直面する課題と、その解決策としてのITアウトソーシングを考えるセミナー「運用効率化を超えるデジタル化時代のアウトソーシング」が、2017年2月24日、開催された。基調講演を含む3つの講演とその講演者を含めたパネルディスカッションで、IT部門を活性化するためのアウトソーシングについて議論を深めた。

ホワイトペーパー

健康食品通販「やずや」の社長が語る、売れる通販システムの極意

 健康食品通販のやずやは、同社のビジネスの根幹を担う通販システムを刷新した。長年にわたり培ってきた通販のノウハウを全面的に投入し、顧客起点のダイレクトマーケティングを、より強力に推進していく狙いだ。

ホワイトペーパー

運用アウトソーシングを成功させるための4つのポイント

 既存システムの運用業務に時間を取られて、システム開発など本来の業務に割く時間が取れないというIT部門は多い。こうした課題を解決するには、運用をアウトソーシングしてIT部門を“身軽”にすることが重要になる。

Windowsサーバーは最適解ではない

NECがオフコン事業からの撤退を発表。ユーザーはどこへ向かえばいいのか?

 オフィスコンピューター、略してオフコン。NEC、日本IBM、富士通は、かつて“オフコン3強”と言われてきた。しかし、その一角を占めるNECがオフコンのサポートを終了する旨を発表し撤退を決めた。

「コスト削減」「運用負荷軽減」「簡単に移行できる」…、そうではなかった!

システム管理者の負荷を軽減し、“働き方改革”を推し進めるクラウドとは?

 クラウドがビジネスの現場に浸透しつつある。ただ、「こんなはずではなかった」という声を聞くこともある。クラウドを上手に使いこなしている企業がある一方で、期待した効果が得られなかったというケースもある。

社員のIDだけを管理するのではもう不十分?

ID&アクセス管理の「新潮流」 今必要なIAM環境と活用法とは

 業務で使うユーザーIDの管理、システムへのアクセス権限設定やシングルサインオン(SSO)を実現するため、多くの企業が活用する「ID&アクセス管理(Identify & Access Management:IAM)」。クラウドサービスの利用が当たり前になった現在は、このIAMの適用範囲や活用法が大きく変わりつつある。NTTコミュニケーションズ「ID Federation」を基に、その最新事情を...

ホワイトペーパー

うちの防御レベルは? 「疑似攻撃」で知る標的型攻撃対策の実力と改善点

 標的型攻撃はますます多様化し、使われるマルウエアも高機能化している。この脅威に対して、入口/出口および内部対策を可視化し、いざというときに技術的に対応できるかどうかを把握しておく必要がある。

モバイルワークの必須ツールに盲点あり!?

常識になったOffice 365活用 そこで生まれる「リスク」と「対処法」とは

 時間や場所に縛られない働き方を実現する手段として、マイクロソフト「Office 365」の活用が広がっている。一方、利用が拡大する中では「情報セキュリティ」に関するリスクも指摘されるようになってきた。ここでは、Office 365「+α」によるセキュアなビジネスの実現方法を考える。

「災害ゼロ」から「危険ゼロ」へ、ITを駆使すれば日本は安全マネジメントで世界をリードできる

 企業にとって安全確保への取り組みは単なるコストではなく、競争力向上のための投資としてとらえるべきである。ITツールやクラウドサービスを利用すれば、少ない投資で効果の上がる施策を実現することができる。

ホワイトペーパー

ハード障害は不可避でもシステム停止は防げる、コストと手間を抑えた対応策

 障害でシステムがひとたび停止すればビジネスに多大な損失を与えかねず、システムの二重化といった高可用性対策は不可欠だ。だが、予算などの兼ね合いから実現できないケースが少なくない。

IoTウイルスの脅威

DNSサーバーを“水責め”、IoTウイルスの多様な攻撃

 IoT機器に感染したウイルスは、攻撃者の命令に従って様々な攻撃を仕掛ける。筆者らが確認した攻撃の一つは、「DNS水責め攻撃」と呼ばれる、DNSサーバーへのDDoS攻撃だ。

>> もっと見る

注目コンテンツ