ITpro Active

新着記事

ホワイトペーパー

安川情報が基幹システム再構築に選んだ「基幹システム特化型」クラウドサービス

 安川電機グループのIT事業会社である安川情報システムは、基幹システムをERP(統合基幹業務システム)の「SAP S/4HANA」に統合し、その運用基盤に基幹システム特化型クラウドサービスを採用した。

ホワイトペーパー

データベースをハードで高速化する「ソフトウエア・イン・シリコン」とは?

 データは企業にとってかつてなく重要な経営資源になっていると同時に、その量も膨大になった。データベースベンダーは、インメモリー技術などにより、処理の高速化を図っているが、もはや追い付けない状況にある。

ホワイトペーパー

ITインフラの長期安定稼働には、なぜこれほど手間がかかるのか?

 企業情報システムの安定稼働を維持するため、システム開発・運用の現場は日々、絶えることのない苦労を重ねている。こうした苦労の根本的な原因の一つとして、OSSとx86サーバーで構成したプラットフォームの特性がある。

ホワイトペーパー

「海外拠点は現地任せ」の限界を打破、“国境越え”の運用管理インフラ

 海外拠点でのITガバナンスに問題を抱える日本企業は少なくない。ITの世界でも“ガラパゴス化”は進み、携帯電話と同様に、日本独自の製品やサービスの海外展開は困難だと最初から苦手意識を持ってしまっている。

ホワイトペーパー

国際宇宙ステーションも採用した「基本性能重視」のオールフラッシュストレージ

 「大容量データ時代」を迎えて、ストレージを取り巻く環境が大きく変わりつつある。現場では、ストレージが遅くて仕事が進まなかったり、大容量データを取っておけなかったりする課題が顕在化している。

ホワイトペーパー

データベースの運用負荷増からIT部門を解放する「エンジニアドシステム」

 企業にとってデータの重要性はますます高まっており、データベースに障害が発生すると、ビジネスに多大な影響が出ることも多く、いかにトラブルなく、効率的にデータベースを運用するかが課題である。

ホワイトペーパー

会計/給与ソフトを導入しても、経理、労務・人事担当者が楽にならないのはなぜ?

 中小企業のバックオフィス業務では、いたるところで業務やデータの分断が起きているケースが少なくない。会計や給与ソフトを使っているにも関わらず、手作業に頼る部分が残り、担当者は非効率な作業を強いられている。

ホワイトペーパー

ネットワークは分離しても業務は分断せず、ファイル受け渡しに特化したソフト

 近年増えている標的型攻撃による情報漏洩対策として、個人情報や機密情報を扱うネットワークと、インターネット接続用ネットワークを物理的に分離する「ネットワーク分離」がある。だが利便性の面で課題がある。

ホワイトペーパー

新しい働き方をセキュアに加速する「データレスPC」

 ワークライフバランスや在宅勤務など、新しい働き方への動きが加速するなか、企業情報システムのセキュリティ対策は、より困難なものになっている。社内だけでなく社外でもPCを使う場面が増えたことで、セキュリティの「境界」は格段に広がった。

ホワイトペーパー

マルウエア被害を最小限に抑えるために欠かせない「侵入後」の対策とは?

 企業や組織の端末がマルウエアに感染し、個人情報や機密情報が流出してしまう事故が後を絶たない。攻撃手法の高度化や亜種の急増などにより、マルウエアの侵入を100%ブロックするのはもはや困難だ。

ホワイトペーパー

部門ごとに最適な機器を必要なだけ、PC運用管理に特化したBPOクラウド

 企業が保有するIT関連デバイスは多様化し、その運用管理も煩雑化する一方だ。“攻めのIT”に向けて変革を進めるIT部門にとって、社内のクライアント環境の運用管理が大きな足かせとなっている。

ホワイトペーパー

成功事例にみる、ホワイトカラーの生産性向上とクラウドERPの関係とは?

 ホワイトカラーの労働生産性向上は、いつの時代も企業の大きな課題だ。だが従来の“レガシーERP”の多くは、製造業をバックグラウンドとしており、ホワイトカラーの生産性向上に最適化した設計になっていない。

ホワイトペーパー

ネットワーク分離環境でも使える、安全・手軽なファイル転送法とは?

 標的型攻撃対策の現実解として「ネットワーク分離」を導入する動きが公的機関や大企業を中心に広がっている。しかし、ネットワーク分離環境には利便性の面で課題がある。

ホワイトペーパー

「MySQL」でここまでできる、セキュリティ対策とコンプライアンス対応

 データ侵害の被害が増加の一途をたどっている。データ侵害の被害は、データを所有している組織だけに留まらない。顧客データの場合には顧客も被害者となるためその代償も負う羽目になり、対応コストはさらに増える。

【事例で検証】

ミッションクリティカル領域で主役に躍り出たLinuxの実力とは!?

 ミッションクリティカルプラットフォーム「HPE Integrity Superdome X」の販売が絶好調だ。計画を大きく上回った背景には、「ミッションクリティカル性の求められる領域の拡大」と「手軽に扱えるミッションクリティカルシステムへのニーズの高まり」がある。

注目コンテンツ

ホワイトペーパーランキング(昨日)