PICK UP!

ケーススタディに学ぶ、IT活用最前線

“25年もの”の基幹システムを刷新
保守コストからパッケージ選ばず

 医薬品卸最大手であるメディセオは2015年7月、基幹システムの全面刷新を終え、メインフレームの利用を停止した。

そのWebサイト、使えません!

徹底対談後編:適切なHTMLタグを使うことのメリットを知ろう

 アクセシビリティに取り組む3人による対談の後編。アクセシビリティ向上の基本となる“Webの構造化”と、そのメリットについて語り合う。

新着記事

ユーザー企業に聞きました

IoT/M2Mを導入していますか?

 今回はIoT(Internet of Things)/M2M(Machine to Machine)の導入状況を読者モニターに尋ねた。IoT/M2Mを導入している企業は3.9%。導入を検討中の企業も14.8%にとどまり、低調な結果に終わった。

製品&サービス

ログイン認証を顔認証で行えるようにするソフト

 ソリトンシステムズの「SmartOn ID顔認証オプション」は、ログイン時のユーザー認証を顔認証で行えるようにするソフトである。パソコン内蔵カメラなどから得た顔の画像データから特徴点を抽出し、あらかじめ登録しておいたデータと照合して利用者本人を特定する仕組み。顔認証のエンジンとして、NECの「NeoFace」を採用した。

DATA&DATA

セキュリティ10大脅威、個人と組織で違い 個人1位は不正クレカ、組織1位は標的型

 IPA(情報処理推進機構)は、2015年に発生した情報セキュリティの脅威に関する事故・事件の内容に関して、社会的に影響が大きかったインシデントの種類を「情報セキュリティ10大脅威2016」として、個人・組織別にまとめた。選考は、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者など69組織108人のメンバーからなる「10大脅威選考会」の審議・投票による。

ケーススタディに学ぶ、IT活用最前線

クラウドファーストが全社方針 4種のサービスを適材適所に

 「今後は“クラウドファースト”を方針とする」。こう宣言するのは、JFEスチール IT改革推進部長の新田哲理事。システムの移行や新規開発の際には、クラウドを稼働環境の第一の選択肢とする。既存環境に残すのは、何らかの理由でクラウドでは動かせない場合だけだ。

そのWebサイト、使えません!

徹底対談前編:“想像力の欠如”がアクセシビリティを阻害する

 アクセシビリティの向上は、自社サイトにとってどんな意義があるか。取り組みに当たって直面する課題は何か、そしてそれをどう乗り越えるか。国内企業でアクセシビリティへの取り組みを続けてきた3人による対談を、2回にわたってお送りする。

製品&サービス

標的型攻撃への対策サービスを体系化

 富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)の「サイバーセキュリティ」は、標的型攻撃から情報システムを守るセキュリティサービス群を新たに体系化したものである。コンサルティングからセキュリティ対策製品の構築、インシデントレスポンスの運用支援、教育・訓練までをトータルで支援する。

ホワイトペーパー

島耕作が聞く! ブライトンホテルズが“内線クラウド化”で維持コストを半減できたワケ

 経営統合や事業拡大でインフラを継ぎ足していった結果、管理の手間やコストが増大するという負の資産を抱えてしまった企業は少なくない。浦安ブライトンホテル東京ベイをはじめとするホテルチェーン「ブライトンホテルズ」を…

ホワイトペーパー

「高い」「時間がかかる」「使いこなせない」、BI導入の3大ハードル解消法

 現場が抱える様々な課題を解決し、ビジネスを加速させるには、データ活用がカギになる。最近ではビジネスインテリジェンスツールを導入する企業も増えているが、現場のユーザーがうまく活用できない、コストを抑えるため…

ホワイトペーパー

x86サーバーとどう違う? “Linux専用”を謳う基幹サーバーの実力拝見

 「デジタル変革」が加速し、テクノロジーの進化を享受できるか否かが企業の“勝ち負け”を大きく左右する時代になった。モバイルデバイスやIoT、ビジネスインテリジェンス、ビッグデータなどの有効活用を支える…

ホワイトペーパー

見落とし注意! 最新のBIツール選びで外せない7つの評価ポイント

 組織には大量のデータが存在する。企業が適切な意思決定をして他社に先んじるためには、これらのデータに対する「理解」が欠かせない。英Economist Intelligence Unitが実施した調査によると、上級管理職の43%が…

ホワイトペーパー

どこから着手? どう実現? 事例に学ぶ「進む業務改善」とBPMの使いどころ

 業務改善の必要性を感じながらも、具体的に何から着手すれば良いのかが分からないという企業は多いのではないだろうか。あるいは、課題は明らかだが、既存システム全体を変更しなければならないので…

ケーススタディに学ぶ、IT活用最前線

R/3を第三者保守に変更 年額5000万円を半減

 「年間5000万円を支払い続けてきたERP(統合基幹業務システム)の保守費用を半減できた」。熊谷組 経営企画本部 経営企画部 IT企画グループの鴫原功部長はこう語る。同社は2015年1月、日本リミニストリートが提供するERPの保守サポートに切り替えた。

そのWebサイト、使えません!

全社を巻き込んでアクセシビリティを高めるドコモ、ヤフー

 国内にも、Webアクセシビリティ対応を全社で進めている企業がある。NTTドコモとヤフーの取り組みを紹介する。NTTドコモは10年以上、企業サイトのアクセシビリティ向上に取り組んできた。ヤフーも、アクセシビリティへの対応を全社で進めている。

>> もっと見る

動画

注目コンテンツ