PICK UP!

ガートナー直伝!IT導入ワンポイントアドバイス

ITコストの計上基準を全社で統一しなければ、「見える化」はできない

 ビジネスの成長が鈍化した現在、企業にはITコストを最適化する需要が高まっている。このためにはまず、ITコストを「見える化」しなければならない。

分解してわかった!スイッチとルーター

大型ルーターを分解してみよう──インターネットの全経路をさばく仕組み

 今回取り上げるのは大型ルーター。コアルーターは、インターネットの中核に配置され、膨大なトラフィックをさばく。その膨大な処理能力の秘密を探る。

新着記事

SSLはもう古い TLSがおもしろい

暗号と数学はどういう関係があるの?

 公開鍵暗号では、公開鍵と秘密鍵のペアを作成して使用する。ペアの片方で暗号化したデータは、対となる鍵でしか復号できない。公開鍵と秘密鍵の数学的な関係はわかっているのに、公開鍵からは秘密鍵を求めらない──。このような巧みさを実現できるのは、非常に都合のよい一方向性を備えた数学理論(数学的問題)を基にしているからだ。

インタビュー

「現代の冒険は人の心にある」、登山家の栗城氏がエベレスト生中継を続ける真意

 「本当のチャレンジは、失敗と挫折の連続だ」。登山家の栗城史多氏は、このように話す。不屈の登山家に話を聞いた。

バックアップ時間が1/12に短縮、さらにコストを大幅削減

流通大手ドン・キホーテの事例に学ぶ、バックアップアプライアンス選定の勘所

 流通大手の株式会社ドン・キホーテでは、物理環境のデータ保護体制に大きな問題を抱えていた。そこで物理環境のデータ保護変革に本腰を入れることになる。結果として、バックアップ時間が1/12に短縮するとともに、数百万円単位のコストの削減を実現する。ドン・キホーテは、いかにしてデータ保護変革を実現したのか——。その具体的な取り組みを紹介する。

サーバーやストレージは仮想化するのに、ネットワークはそのまま?

スピード経営の「足かせ」を解決するネットワーク仮想化の効果と手段

 サーバーやストレージはすぐに立ち上げられるのに、ネットワークの準備には数カ月もかかる――。多くの企業で聞かれる悩みだ。ビジネスに求められるスピードが速まる中で、ネットワークが足かせになっている。

ユーザー企業に聞きました

端末購入や回線契約の方針は変わりましたか?

 携帯電話の「料金負担」や「端末販売」、「契約ルール」などに総務省のメスが入り、大手3社の具体的な取り組みが出そろった。今回はこれらの評価と、端末購入や回線契約に関する方針の変化を読者モニターに尋ねた。

SSLはもう古い TLSがおもしろい

SSLを使えなくしたいけど、どうすればいいの?

 主要なWebブラウザーの新しいバージョンでは、SSLを初期設定で無効にしている。しかしながら、古いバージョンのWebブラウザーを使い続けていると、SSLが有効になっている可能性がある。また、新しいバージョンのWebブラウザーでも、SSLが無効か念のために確認したいケースはあるだろう。

分解してわかった!スイッチとルーター

小型ルーターを分解してみよう──無線との部品共通化で低コストに

 小型のルーターは、使われる場所で大きく2つに分けられる。1つは、個人ユーザーの自宅や企業の拠点をインターネットにつなぎ込むブロードバンドルーターである。もう1つは、企業の拠点をインターネットにつなぐアクセスルーターやWANルーターと呼ばれるものだ。今回は、これらの内部を見ていく。

DATA&DATA

スマホからのネット利用5000万人超、45歳以上はPCからの利用が上回る

 調査会社のニールセンは、消費者のデバイス利用状況と属性別の利用サービスに関する調査結果を発表した。

製造業の課題を解決! IoTはIT投資ではなく、事業投資

経営トップから「期待外れのIoT」と言われないためには

 IoTはIT投資ではなく、事業投資といわれる。IoT導入で製造現場の“改善”を経営の“改革”に結び付けるにはどのような方策がよいのだろうか。製造業がかかえる課題を解決するにはどうすればよいか。

分解してわかった!スイッチとルーター

大型スイッチを分解してみよう──DC向けに分散アーキテクチャーで大容量化

 シャシー型のスイッチは一般的に、多数のポートを収容でき、転送容量もボックス型より大きい。大企業やデータセンターなどのネットワークの中心となるコアスイッチとして使われるケースが多い。

API経済圏

part3 運命を変える出会い

 API経済圏を作るには、公開する腕を磨くと当時に、使う側としても目利きになる必要がある。山積みのパズルの中からお宝の「ピース」を見つけて、初めて成功の果実を味わえる。日本郵便の子会社や三菱地所グループは、自社に最適なAPIと運命的な出会いを果たした。APIの力を借りて競争力のあるアイデアを形にするツボはどこにあるのか。

SSLはもう古い TLSがおもしろい

TLSはWeb専用なの?

 TLSやSSLは、HTTPと組み合わせて使われるケースが多いため、Web用のプロトコルと思われがちだ。HTTPとTLS/SSLを組み合わせた通信を、「TLS通信」や「SSL通信」と呼ぶ場合も少なくない。

インタビュー

新興国での拠点立ち上げに必要なネットワーク機能をソフトウエアで提供する

 AT&Tジャパンは2016年7月、企業がネットワークを柔軟に管理できるようにするサービス「AT&T Network Functions on Demand」の国内提供を開始した。同時に、76の地域と国でも提供を開始。その詳細を代表取締役社長の岡学氏に聞いた。

>> もっと見る

動画

注目コンテンツ