最新号の特集

2016年2月号

迫られるスキル変革 モバイル新ステージ突入

ビジネスでモバイルを活用するのは当たり前の時代になってきた。すでにシステム開発が2週目、3週目に入っている企業では、新たなタイプのシステム企画を進め、納期やコスト、品質といった課題も克服すべく、さまざまな取り組みに力を入れている。そこで求められるのは、開発手法やスキルの変革だ。先を走る事例から、企画や設計、開発における手法の変化を探った。

「本物のプロマネ」 七つの条件

多くのメンバーを率いて大きな達成感を得られるプロジェクトマネジャー(プロマネ)。しかし、経験が浅いとなかなかうまく回せないもの。では、本物のプロマネは何が違うのか。専門家が七つの条件を披露する。

次号の予告

2016年3月号

SaaS活用が本格化 システム開発は「まず探せ」

今、SaaSの強化が著しい。業務システムや新サービスを作るには、必要な機能をSaaSから探して使うのが常識的になってきた。SaaS APIとして提供されるサービスは他システムから容易に接続で き、冗長化や拡張など運用性も高めやすい。マイクロサービス化を視野に入れた新たな構築手法として要注目だ。

新事業の成功確率を上げる!

ベンダーのITエンジニアや、ユーザー企業のIT担当者が主導して新事業・新サービスを立ち上げる―。ITを活用したイノベーションが期待される中、そんな機会も増えてきた。だが、コンセプトの創造や、収益化、競合との差別化など、新事業の立ち上げは容易ではない。そこで専門家が、ITを使った新事業・新サービスの成功確率を上げるマネジメント手法を紹介する。

システム開発に役立つ英語

オフショア開発やグローバル対応が広がる中、さまざまな立場の外国人と英語でコミュニケーションをとる機会が増えている。日常会話とは異なり、ビジネスマナーを踏まえつつ、専門用語を的確に使う必要があるので、ハードルが上がる。本特集では、システム開発のリーダー、サブリーダーに向け、企画やプロジェクト計画といったシーン別に、よく使われるキーフレーズを解説する。

※タイトル、内容については変更になる場合があります。

日経SYSTEMS最新号

日経SYSTEMS最新号

  • 月刊、毎月26日発行
  • 個人の年間予約購読
    直送制(書店ではお買い求めいただけません)
  • 体裁:
    A4変型判、無線綴じ
  • お問い合わせ
    お問い合わせはこちら

詳しい内容はこちら

バックナンバーはこちら

日経SYSTEMS スキルアップLIVE|日経SYSTEMS主催セミナーのご案内

現在お申し込み受付中のセミナーは

日経SYSTEMS 新刊書籍のご案内