最新号の特集

2016年10月号

10年やって分かった!クラウドの新常識25

クラウドコンピューティングの象徴とも言えるAmazon Web Services (AWS)が米国で誕生して10年、日本に上陸して5年となる。クラウドを利用したり、導入を支援したりしているITエンジニアは何を経験し、現場はどう変化しているのか。今後、クラウドを活用するために必要な25の新常識を解説する。

PM必修の新スキル「プログラムマネジメント」七つの要点

最近増えている大規模開発や長期案件、イノベーション開発はいずれも、小規模プロジェクトの集合体だ。こうした案件では、従来とは違った「プログラムマネジメント」の実践が求められる。本特集では、PMが実践したい中核となるベネフィットマネジメントやガバナンスなど、七つの要点を専門家に解説してもらう。

次号の予告

2016年11月号

“ヤバさ”で絞るセキュリティ対策

企業に対するセキュリティ脅威は深刻さを増している。甚大な影響をもたらす脅威が増えている一方、攻撃対象は中小企業にまで広がっている。しかし、すべてに対策を打つには時間もお金もない。優先順位を付けて的を絞った対策、いわば「トリアージ」の考え方が必要になる。チーム体制、システム、スキルの面から徹底解説しよう。

相手にうまく説明する「文章の作り方」

ITエンジニアが仕事で書く文章の大半は、相手に何かを説明するためのものだ。例えば、機能仕様書ならその機能はどういうものかを、専門知識が不十分な人でも分かるように説明しなければならない。うまく書くには、相手や目的に沿った「適切な情報」を選んで、「適切な順番」で並べる必要がある。そのやり方やポイント説明する。

業務利用も待ったなし!「VR」の実際

ヘッドマウント型ディスプレイ(HMD)が手軽に入手可能になり、一気に身近になった「VR(バーチャルリアリティー)」。消費者向けのイメージが強いVRだが、既にマーケティングや社員教育など企業向け分野での活用が始まっている。VRは実際、どのような分野に適用できるのか、そしてどのような方法でVRを使ったシステムを開発するのか。VRを業務に生かすために知っておくべき基礎知識を解説する。

※タイトル、内容については変更になる場合があります。

日経SYSTEMS最新号

日経SYSTEMS最新号

  • 月刊、毎月26日発行
  • 個人の年間予約購読
    直送制(書店ではお買い求めいただけません)
  • 体裁:
    A4変型判、無線綴じ
  • お問い合わせ
    お問い合わせはこちら

詳しい内容はこちら

バックナンバーはこちら

ITエンジニアスクール|セミナーのご案内

現在お申し込み受付中のセミナーは

日経SYSTEMS 新刊書籍のご案内