最新号の特集

2014年8月号

要求爆発を防ぐ

納期やコストの厳しさが増すシステム構築プロジェクト。要求の追加が成果物や作業の範囲であるスコープの肥大化を招き、スケジュール遅延やコスト超過を引き起こしている。要求爆発を防ぐため、スコープマネジメントの確立は待ったなしだ。基本から実践まで、スコープを明確にするラインの引き方を解説する

ライセンス費の無駄、判断ミスで5割増も

今、ソフトウエアのライセンス費を無駄に払ってしまう危険性が高まっている。ライセンス費の計算が複雑なサーバー仮想化やパブリッククラウドの利用が増えているからだ。判断ミスをすれば、典型例で5割増となるケースもある。WindowsやOracleなど主要ソフトについて、ライセンス費の無駄をなくす方法を解説しよう。

次号の予告

2014年9月号

もう守り切れない コスト最適なセキュリティ対策

標的型メール攻撃やWebサイトの改ざんによるマルウエア感染など、企業システムの脅威は増している。これらに完璧に守り切るのは事実上無理であり、対策費用は青天井だ。では、効果的な対策を打つにはどうすべきか。本特集では、サイバー攻撃の傾向を整理したうえで、実際の被害や対策の例、注目されている製品やサービスを紹介。これらを踏まえ、システムの要件に応じて、どのように考えてコストをかけていくのかを解説する。

最先端IT/プロセスの実験場 ゲーム会社に学ぶ

“最先端IT/プロセスの実験場”といえるのが、オンラインゲーム会社のIT現場だ。彼らは、どのようにして次々と最先端のITを取り入れているのか、どういう開発プロセスで多種多様な要望・クレームに素早く応じているのか、どんな運用プロセスによって急激なアクセス増減に対応しているのか──。その工夫やワザを、現場への取材で明らかにする。

ITエンジニアよ、社外に出よう

社外に出ないITエンジニアは多い。「多忙」「どこに行けばよいか分からない」など理由はさまざまだ。しかし社外に出ると、新たな知識や経験、人脈を得られる。プロとして成長するには、講演や執筆、コミュニティー活動にも参加したい。ITエンジニアが社外に出る意義と方法を探る。

※タイトル、内容については変更になる場合があります。

日経SYSTEMS最新号

日経SYSTEMS最新号

  • 月刊、毎月26日発行
  • 購読料金(税込)
    1年(12冊) 14,550円
    3年(36冊) 30,000円
  • 個人の年間予約購読
    直送制(書店ではお買い求めいただけません)
  • 体裁:
    A4変型判、無線綴じ
  • お問い合わせ
    お問い合わせはこちら

詳しい内容はこちら

バックナンバーはこちら

日経SYSTEMS スキルアップLIVE|日経SYSTEMS主催セミナーのご案内

現在お申し込み受付中のセミナーは

日経SYSTEMS 新刊書籍のご案内