最新号の特集

2017年1月号

達人の火消し術 トラブルありき時代の必携スキル

ITの適用範囲の拡大や最新技術の活用などで、システム構築が複雑化・高度化。もはやトラブルがないプロジェクトは皆無だ。本特集では、達人と呼ばれる人たちのノウハウを基に、実践すべき火消し術を探る。

ダイナミック基盤がやってくる

ITインフラ(システム基盤)に今、大きな変革の波が訪れている。ダイナミックさを取り込むことで、「限界」を打ち破りつつある。動的な基盤によって創出されるシステムの青写真を示す。

次号の予告

2017年2月号

事例で見る開発ツール最前線 「開発しない」アプリ開発

アプリケーション開発の現場が今、大きく変わろうとしている。フレームワークやPaaS、そして自動生成ツールの進化などにより、「開発しないアプリ開発」が現実のものになろうとしている。こうしたツールを活用した現場では、どのように開発生産性が向上しているのか。現場の最前線をお届けする。

「ダメPM」と呼ばれる人たち

プロジェクトマネジャーの能力が欠如していると、IT現場はますます混乱する。だが、意外にも本人が無意識のうちに「ダメPM」と呼ばれる行動や言動をしている場合があある。本特集では「それって丸投げ?ユーザー責任を斬る」でおなじみの永井昭弘氏が、実際に現場で見た数々の「ダメPM」をピックアップ。アンチパターンとして参考にしてほしい。

短時間でも効果 ビジネス理解力を高める技

要件定義や業務設計などのシーンで、ITエンジニアは利用部門のビジネスに対する理解を求められる。日々の業務や技術の習得だけでも忙しいなか、どうすれば「ビジネス理解力」を効率的に高められるのか。ITエンジニア出身で営業業務にも詳しいコンサルタントが長年の経験で培った技を解説する。

※タイトル、内容については変更になる場合があります。

日経SYSTEMS最新号

日経SYSTEMS最新号

  • 月刊、毎月26日発行
  • 個人の年間予約購読
    直送制(書店ではお買い求めいただけません)
  • 体裁:
    A4変型判、無線綴じ
  • お問い合わせ
    お問い合わせはこちら

詳しい内容はこちら

バックナンバーはこちら

ITエンジニアスクール|セミナーのご案内

現在お申し込み受付中のセミナーは

日経SYSTEMS 新刊書籍のご案内