最新号の特集

2017年2月号

開発ツール/サービス最新事情 「開発レス」再加速

できるだけ個別にコードを書かず、“在るもの”を使ってシステムを構築する「開発レス」。コンピュータの黎明期から、こうした動きはずっと続いてきたが、いまその動きが再加速している。ブースター役が、PaaSやSaaS、自動生成ツール、フレームワークなど、新たなツールやサービスの進化だ。開発現場で起こっている開発レスの最前線を紹介する。

「ダメPM」と呼ばれる人たち

プロジェクトマネジャー(PM)の能力は、プロジェクトの成否に直結する。だが意外にも、本人が無意識のうちに「ダメPM」と呼ばれる場合がある。IT現場の経験豊富な永井氏が、実際に見た「ダメPM」を斬る。

次号の予告

2017年3月号

不幸なチーム、幸せなチーム

メンバーが働きやすく、モチベーションを持って働ける“幸せな”チームを作りたい―。あらゆるチームリーダーが目指すところだが、実践は難しい。本特集では、実際の現場事例から、働きがいを高める「やること」と、働きやすさを下げる「やらないこと」を明らかにして、幸せなチームの実現に向けて奮闘するリーダーの取り組みを紹介する。

徹底解剖! 業務パッケージのAI機能

AI(人工知能)がブームなものの、実システムへの適用分野がなかなか見えてこない。そんな中、AIを組み込んだ業務パッケージが登場し、既に導入が始まっている。入力作業の自動化や、次操作の自動提案、蓄積したデータの分析など、適用範囲も広い。実用化が進む業務パッケージのAI機能を探る。

実践的モダナイの進め方

もはや完全な新規システムの開発はない。レベルの差はあれ、何らかの現行システムを再構築することになる。ただし大掛かりなビッグバンアプローチはハイリスクで適用できない。現行システムを段階的に近代化するモダナイゼーションが求められる。本特集ではそのプロセスを詳説する。

※タイトル、内容については変更になる場合があります。

日経SYSTEMS最新号

日経SYSTEMS最新号

  • 月刊、毎月26日発行
  • 個人の年間予約購読
    直送制(書店ではお買い求めいただけません)
  • 体裁:
    A4変型判、無線綴じ
  • お問い合わせ
    お問い合わせはこちら

詳しい内容はこちら

バックナンバーはこちら

ITエンジニアスクール|セミナーのご案内

現在お申し込み受付中のセミナーは

日経SYSTEMS 新刊書籍のご案内