最新号の特集

2014年11月号

ブラック職場にならない、残業ゼロの現場

「残業時間が40 時間以上の“ブラック職場” は全体の約15%に上る」。IT現場では、納期に追われつつ、業務量が増えても人員を補充しにくい。だが長時間残業を続ければ、やがて“ブラック職場” と化す。いまや仕事と生活を調和させるワークライフバランスは社会の要請。工夫を凝らして残業時間を劇的に減らす現場を追った。

モバイル活用最前線、「位置情報」でビジネス変革

スマートデバイスによって「位置情報」を活用しビジネスを変革する―。そんな取り組みを進める企業が続々と登場している。JCB、日本航空、福岡ソフトバンクホークス、三井住友海上火災保険など、挙げればキリがない。いずれも、位置情報を活用するモバイルシステムを構築し、業務改革や新ビジネスの創出を図る。

次号の予告

2014年12月号

塩漬けシステムを蘇生させる

長年利用してきたシステムを、性能低下や保守切れなどの理由で再構築する企業が増えてきた。しかし、複雑な機能をそのまま保証し、かつ短期間・低コストで再構築するのは至難の業だ。そこで注目されてきたのが、老朽化したシステムを最適化する開発手法「モダナイゼーション」。本特集では、そんなモダナイゼーションの実践的な手法を、ユーザー事例や第一線のITエンジニアから学ぶ。

AWSで構築する最新ビッグデータ基盤

AWS(Amazon Web Services)上でビッグデータ基盤の構築事例が相次いでいる。リアルタイム処理とバッチ処理を並行して実施するといった先進的な取り組みも出てきた。あきんどスシローなどの事例を基に、ビッグデータ基盤のアーキテクチャーを解説。ITベンダーの関連ソリューションを紹介する。

システム提案に役立つ、マーケティングの業務知識

多くの企業が攻めの経営に舵を切り、マーケティング関連システムへの投資を増やしている。新システムの企画・提案、既存システムとの連携を行う上で、エンジニアにはマーケティングの業務知識が求められる。マーケティングの業務とシステムに精通したエキスパートが、その本質や先端動向を解説する。

※タイトル、内容については変更になる場合があります。

日経SYSTEMS最新号

日経SYSTEMS最新号

  • 月刊、毎月26日発行
  • 購読料金(税込)
    1年(12冊) 14,550円
    3年(36冊) 30,000円
  • 個人の年間予約購読
    直送制(書店ではお買い求めいただけません)
  • 体裁:
    A4変型判、無線綴じ
  • お問い合わせ
    お問い合わせはこちら

詳しい内容はこちら

バックナンバーはこちら

日経SYSTEMS スキルアップLIVE|日経SYSTEMS主催セミナーのご案内

現在お申し込み受付中のセミナーは

日経SYSTEMS 新刊書籍のご案内