最新号の特集

2016年7月号

新ITの恩恵を生かす 技術リスク攻略法

ユーザーの高い要求をクリアするには、これまで経験のない新技術を使わなければならない―。今、こうしたプロジェクトが増えている。高い壁を乗り越えるには、プロジェクトに不確定性をもたらす「技術リスク」への対処が欠かせない。技術リスクを特定して対処するノウハウを身に付ける重要性が高まっている。

納得の「ITコンサルタント」 七つの条件

ITコンサルタントは“何でも屋”に見えるがそうではない。企業を成功に導く担い手であり、ITの専門家でもある。「一人前」と「一流」に分けて、それぞれ条件を解説する。

次号の予告

2016年8月号

さらば「心の折れるIT現場」

納期に追われ残業続き、人手不足でも目標が高すぎる―。優秀な人材が集まるチームでもストレスがかかり続ければ、やがて心が折れる場合は少なくない。メンバーの個性を見極めたチームマネジメントがリーダーには求められる。本音を語り合う場づくりで有名な米Googleの例を取り上げながら、心が折れるメカニズムやその解消策を現場から探る。

パッケージ導入は「開発レス」が当たり前

ERPを始めとした基幹系システム向けパッケージの導入現場が大きく変りつつある。パッケージ製品の機能が豊富になったことで機能を追加しない「開発レス」導入や、クラウドの活用などが当たり前になってきた。パッケージ導入手法と活用方法の最前線を追う。

意味のある「コードレビュー」

オフショアや分散開発、サービス化といったトレンドで、実装工程の高品質化への要求が高まっている。バグが少なく、保守性や拡張性が高いソースコードを開発するには、適切なコードレビューが欠かせない。現場で実践されているコードレビューを「意味あるもの」にする改善手法を解説する。

※タイトル、内容については変更になる場合があります。

日経SYSTEMS最新号

日経SYSTEMS最新号

  • 月刊、毎月26日発行
  • 個人の年間予約購読
    直送制(書店ではお買い求めいただけません)
  • 体裁:
    A4変型判、無線綴じ
  • お問い合わせ
    お問い合わせはこちら

詳しい内容はこちら

バックナンバーはこちら

ITエンジニアスクール|セミナーのご案内

現在お申し込み受付中のセミナーは

日経SYSTEMS 新刊書籍のご案内