最新号の特集

2016年12月号

問題・課題を大掃除する 無駄ゼロの現場

IT現場の業務は複雑化し、開発は短期化する一方だ。これまでの仕事の進め方では処理し切れない。ただ、作業の中には多くの無駄が含まれている。これらを無くせば、本来必要な開発業務ははかどり、余暇あるいは新システムの提案にも時間を充てられる。いまこそ、現状のタスクや作業に潜む問題・課題を″大掃除″し、無駄ゼロの現場を目指そう。

まとめる、変える、雲に乗せる どうする!?塩漬けDB

データベース(DB)の更改は、ITエンジニアにとって頭痛の種だろう。安定稼働しているシステムのDBは変更しにくい一方で、放っておくとデータ量の増加やそれに伴う保守費の値上がりで運用コストが右肩上がりになってしまう。そのままの“塩漬け”になりがちなDBの刷新方法を解説する。

次号の予告

2017年1月号

達人が明かす プロジェクトの新・火消し術

ITの適用範囲の拡大や最新技術の活用などで、システム構築が高度化・複雑化している。もはやトラブルが発生しないプロジェクトなど皆無。大事なのは、トラブルが起きたときにプロジェクトマネジャーやリーダーが迅速かつ的確に判断・行動すること。本特集では、火消しの達人と呼ばれるプロジェクトマネジャーのノウハウを基に、新・火消し術を明らかにする。

敏腕プロマネの道具箱

一流のプロジェクトマネジャーは、道具にも妥協しない。ホワイトボードシート、ICレコーダー、付箋、手帳などこだわりの道具を独自の手法で使いこなし、日々の仕事を円滑に進める。敏腕プロマネを直撃し、プロジェクト成功の鍵となる道具とその利用術を紹介する。

IT現場でブレークする技術 2017

AI(人工知能)や対話型ボットの浸透、メモリー並みの速度を持つストレージの台頭など、IT現場を取り巻く技術や環境が大きな転換期を迎えている。この流れを踏まえ、2017年にはどんな技術がブレークするのかを有識者の座談会や取材を基に提示する。

※タイトル、内容については変更になる場合があります。

日経SYSTEMS最新号

日経SYSTEMS最新号

  • 月刊、毎月26日発行
  • 個人の年間予約購読
    直送制(書店ではお買い求めいただけません)
  • 体裁:
    A4変型判、無線綴じ
  • お問い合わせ
    お問い合わせはこちら

詳しい内容はこちら

バックナンバーはこちら

ITエンジニアスクール|セミナーのご案内

現在お申し込み受付中のセミナーは

日経SYSTEMS 新刊書籍のご案内