最新号の特集

2016年5月号

“今まで通り”が危ないプロジェクト多発 ポスト「モダンPM」

プロジェクト破たんが増えた2000年代。破たん回避のために、PMBOKガイドをはじめとしたお手本となるプロジェクトマネジメント(PM)手法、いわゆる「モダンPM」が定着してきた。しかし今、変化やスピードを求められる時代に突入し、今まで通りの手法では危険なプロジェクトが多発している。多くのIT現場で、新たなPMのやり方、ポスト「モダンPM」が実践されてきている。

あらゆる産業に広まるITエンジニアのためのFinTech

金融(Finance)とIT(Technology)を融合してイノベーションをもたらす「FinTech(フィンテック)」。金融担当のエンジニアはもちろん、金融担当以外のエンジニアもきっちり押さえておく必要がある。伝統的な金融機関にとどまらず、流通や製造業など多くの業界に影響が波及しつつあるからだ。

次号の予告

2016年6月号

乗り遅れるな!IoTでシステム変革

IoT(Internet of Things)は単なる話題のキーワードではない。既存システムの変革の鍵として活用が始まっている。IoTに取り組むには、関係する技術や設計、分析、セキュリティなどの知識が欠かせない。さらに、IoTをどう生かすかという企画力も必要となる。実際、IoTは現場でどのように活用されているのか。事例を基に、IoTを100%使いこなすコツを解説する。

ITアーキテクトの必須条件

ITアーキテクトとは、どのようなことをする人なのだろうか。また、ITアーキテクトになるにはどんな資質やスキルが求められるのだろうか。こんな疑問をトップアーキテクトが解き明かす。

シーン別 頼られる人の「時間の使い方」

できるITエンジニアは、周囲から頼りにされる。いろんな仕事を依頼されて、忙しくなりやすい。時間を最大限に有効活用するためのワザを、「優先順位を付けようにも、どれも緊急」「頼まれ仕事がやたら多い」など、困ったシーン別に解説する。

※タイトル、内容については変更になる場合があります。

日経SYSTEMS最新号

日経SYSTEMS最新号

  • 月刊、毎月26日発行
  • 個人の年間予約購読
    直送制(書店ではお買い求めいただけません)
  • 体裁:
    A4変型判、無線綴じ
  • お問い合わせ
    お問い合わせはこちら

詳しい内容はこちら

バックナンバーはこちら

ITエンジニアスクール|セミナーのご案内

現在お申し込み受付中のセミナーは

日経SYSTEMS 新刊書籍のご案内