日経ソフトウエア dvd

2017年11月号

本体1389円+税

(2017年9月23日発売)


2017年11月号

2017年11月号第1付録

2017年11月号第2付録

   

特集

TensorFlow+Kerasで

機械学習


機械学習は最先端のテクノロジーで、便利なライブラリがいくつも用意されています。 ですので、比較的簡単に“自分でやってみる”=機械学習のプログラムを作ってみることができます。 この特集では、「TensorFlow」と「Keras」という機械学習の有名ライブラリを利用して、桜とヒマワリとバラの写真を判別するプログラムの作成に挑戦します。


自分で作る

ブロックチェーンと仮想通貨


ちまたで噂のブロックチェーンと仮想通貨。理解のための第一歩として、自分でブロックチェーンを作ってみませんか? 実は、これはそれほど難しいことではありません。 完全に個人的な環境で動かすことができるので、仮想通貨がなんだか心配な方も、電気代以外のお金の心配は無用です。

特別付録

【CD-ROM付録】

人工知能育成キット

「ちの、かしこくなるよ!」

かわいい人工知能少女「ちのちゃん」が、写真に写っているものが何なのかを判別します。 あなたが用意した写真を機械学習でおぼえていくので、あなた自身がちのちゃんの「育ての親」になれます。 プログラミングの知識は要りません。どうぞ、ちのちゃんを育成してあげてください!

特別付録

【極厚冊子付録】

GoogleのモダンWebフレームワーク

Angularを体験できる本


GoogleのWebフレームワークを自分で体験してみましょう。 この付録は書籍「Angular2によるモダンWeb開発 TypeScriptを使った基本プログラミング」(末次章 著、日経BP社刊)のエッセンスをまるっと収録したものです。




年間購読のご案内
ニュース
[ 2017/11/10 ] 第四銀行がRPAを導入、定型業務を自動化へ
 第四銀行は2017年11月10日、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の正式導入を発表した。ツールはRPAテクノロジーズの「BizRobo!」を採用した。

[ 2017/10/23 ] 「チャットボット、今はAIより選択ボタンが優秀」、チャットプラスCEO
 「AIで受け答えをするチャットボットの業務利用はまだ早いと思う」。パイプドビッツが2017年10月20日開催した「SBCF 2017」に登壇したチャットプラスの西田省人CEOは、企業のWebサイトに設置するチャット機能とチャットボットの現状を解説した。

[ 2017/10/11 ] トレンドマイクロ、IoT機器にセキュリティ機能を追加する開発キットを提供
 トレンドマイクロは2017年10月11日、同社のIoT環境向けセキュリティソリューションの戦略を発表した。戦略のポイントとして、(1)IoTアーキテクチャの4レイヤーに対応するソリューションの提供、(2)業種ごとに最適化したソリューションの提供、(3)IoT向けセキュリティインテリジェンスの強化、の三つを挙げた。

[ 2017/09/19 ] 東プレが高級キーボード「REALFORCE」刷新、ストローク可変や静音など強化
 東プレは2017年9月19日、高級キーボード「REALFORCE」の新版「R2」シリーズを発表した。16年ぶりにきょう体を刷新して16%小型化。通常版に加えて、ストローク可変版、静音版、静音かつストローク可変版の計4機種を投入する。同年10月6日から順次発売し、価格は1万9800円(税別)から。

[ 2017/09/06 ] Struts 2にまたも深刻な脆弱性、至急対応を
 Apacheソフトウエア財団は米国時間2017年9月5日、JavaのWebアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」の脆弱性を公表した。IPAやJPCERT/CCが注意喚起を公開している。危険度は最高の「Critical」である。至急の対策が必要だ。

[ 2017/09/06 ] タニウムがEDR特化の新製品、ウイルス感染の検知から対応を迅速に
 タニウムは2017年9月5日、エンドポイント管理ツールの新製品「Tanium Threat Response」の提供開始を発表した。新製品ではセキュリティ関連機能をパッケージ化した。端末の不正な挙動を検知して、その後の対応を迅速に実施する「EDR」と呼ばれる製品の一つとなる。

ニュース一覧

ITpro Special

>>もっと見る

▲ ページトップ