企業ネットの最適ソリューションを追及する
日経コミュニケーション
日経コミュニケーション
最新号の紹介 2017年4月号 No.639

[特集]組織・業務・事業を変える
チャット・ファースト

 スマホやPCを通じた「チャット(しゃべる)」という行為が、仕事と生活の両面であらゆる「入り口」になろうとしている。企業内の情報共有や議論はまずチャットに投稿し、定型化できる業務もチャットにつぶやけば自動的に処理される。この「チャット・ファースト」という状況を「組織改革」「業務の効率化」「顧客開拓」に生かしている先進企業を取り上げる。

最新号の目次 バックナンバー
2017年5月号
【特集】
徹底検証!
PSTNの移行問題
 セミナーのプレゼンテーションは提案書のプレゼンと違って、単に伝えたい内容が聞き手に伝わればいいというものではない。「楽しい」「共感できる」といったエンターテインメントの要素がないと40分、時には120分という長時間のセミナーを飽きさせずに聞いてもらうことはできないし、満足度も高まらない。
 ネット広告や音楽配信事業などを展開するサイバーエージェントでは、部門が独自の判断でビジネスチャットを導入しており、チャットボットも各部門で必要なものを開発し活用している。中でも、主力のネット広告でサービス開発を担当するアドテク本部はボット活用が進んでいる。
 KDDIは2017年4月21日、都内でグローバルICT事業についての説明会を開催し、同社が国内外に展開するデータセンター「TELEHOUSE」を中心とした最新情報を公開した。
ソフトバンク コミュニケーション本部広告宣伝統括部コミュニケーション戦略部部長 和田浩史氏
 ソフトバンクが携帯電話サービスの10周年を記念して2016年10月に始めた「SUPER FRIDAY」。同社のスマートフォンを利用中の顧客であれば牛丼(10月)やアイスクリーム(11月)、ドーナツ(12月)が毎週金曜日にプレゼントされたため、話題を集めた。

ITpro Special

>>もっと見る

▲ ページトップ