Home > 研究員紹介

研究員紹介

桔梗原 富夫 (ききょうばら とみお) 所長

SI会社を経て1987年、日経BP社に入社。一貫してICT分野を担当。「日経コンピュータ」「日経Windows NT」などの記者・副編集長として、主に企業情報システムの動向やICTベンダーの経営・製品戦略を取材・執筆。「日経IT21」編集長、「日経ソリューションビジネス」編集長、「日経コンピュータ」編集長を歴任し、2010年コンピュータ・ネットワーク局長、2012年執行役員、2013年1月より現職。豊富な経験と知見を生かし、ICT活用によるイノベーション創出や攻めのICT経営などをテーマに幅広く活動している。

林 哲史 (はやし てつし) 主席研究員

1985年、日経BPに入社。「日経データプロ」「日経コミュニケーション」「日経NETWORK」の記者・副編集長として、通信/情報処理関連の先端技術、標準化/製品化動向を取材・執筆。2002年「日経バイト」編集長、2005年「日経NETWORK」編集長、2007年「日経コミュニケーション」編集長を歴任。「ITpro」発行人、「日経SYSTEMS」発行人を経て、2011年電子・機械局長に就任(「日経エレクトロニクス」発行人、「日経ものづくり」発行人、「Tech-On!」発行人を兼務)。2012年よりFPDの国際会議「FPDインターナショナル」のアジア展開を実施。2014年1月より海外事業本部長。アジア各国での現地イベント「アジアものづくりカンファレンス」「アジアスマートシティサミット」をプロデュース。2015年9月より現職。日経BPクリーンテック研究所および日経BPインフラ総合研究所の主席研究員を兼務。2011年よりCEATECアワード審査委員。

井出 一仁 (いで かずひと) 上席研究員

1986年、日経BP社に入社。ICT分野の雑誌の編集記者として豊富な取材実績を持つ。「日経コミュニケーション」編集長、「日経デジタルマーケティング」開発プロデューサー、プロジェクト推進部長などを歴任。2013年1月より現職。電子行政分野の「日経BPガバメントテクノロジー/都道府県CIOフォーラム」、金融ビジネスのIT活用動向を伝える「日経BP 金融ITイノベーション」、国際会計基準(IFRS)をはじめとするCFO分野の各種事業、サイバーセキュリティ/リスクマネジメント/コンプライアンスに関わる各種事業などを担当。

谷島 宣之 (やじま のぶゆき) 上席研究員

1985年、日経BP社に入社。「日経コンピュータ」「日経ウォッチャーIBM版」の記者を経て、94年「日経コンピュータ」副編集長。その後、ビズテック局開発室長として、2004年の技術経営誌「日経ビズテック」創刊に関わる。2007年、「日経ビジネスオンライン」「日経コンピュータ」「ITpro」の編集委員と「経営とIT」サイト編集長を兼務。2009年「日経コンピュータ」編集長、2010年同編集部長。2011年日経BPビジョナリー経営研究所上席研究員。2013年1月より日経BPイノベーションICT研究所上席研究員を兼務。

渡辺 享靖 (わたなべ たかやす) 上席研究員

コンサルティング会社を経て1992年、日経BP社に入社。「日経コンピュータ」「日経Windowsプロ」「日経SYSTEMS」「ITpro」などで記者・副編集長として企業情報システム開発にかかわる技術動向やITマネジメントを中心に取材・執筆する。2013年に日本経済新聞社に出向し、経営情報サイト「日経BizGate」の編集長として新創刊を担当。経営、マーケティングの視点からデジタル化するビジネスの動向を追う。2017年4月から日経BPイノベーションICT研究所 上席研究員。

星野 友彦 (ほしの ともひこ) 上席研究員

1989年、日経BP社に入社。コンピュータ技術誌を経て1994年から日経コンピュータに所属。記者・副編集長として、ITベンダーの技術・経営戦略からユーザー企業のIT利活用法まで幅広く取材・執筆する。2006~2007年は日本経済新聞社産業部に出向しIT産業を担当。2013年4月、日経BPイノベーションICT研究所 上席研究員。日経BP社の各種クラウド関連プロジェクトの総合プロデューサーを務めるほか、ITガバナンス、グローバル展開、人材育成にも詳しい。

菊池 隆裕 (きくち たかひろ) 上席研究員

1990年、日経BP社に入社。「日経メカニカル」「日経コミュニケーション」「日経エレクトロニクス」「日経コンピュータ」などで、主に通信、ネット分野を担当。2002年~2004年までシリコンバレー支局勤務。スマートフォンの台頭にあわせ各種の勉強会の開催を経て、「日本の開発者の活躍の場を増やす」を旗印に、アプリ開発コンテスト「Android Application Award(A3=エーキューブ)」「Multi-Device UX Competition」を立ち上げる。最近は、スタートアップ企業を積極的に取材する。2013年10月から日経BPイノベーションICT研究所 主任研究員。2015年、経済産業省主催のイノベーター育成プログラム『始動 Next Innovator 2015』に選抜。2016年4月から上席研究員。

大谷 晃司 (おおたに こうじ) 上席研究員

民間シンクタンクを経て1995年、日経BP社に入社。「日経オープンシステム」記者を振り出しに、「日経WinPC」「日経コミュニケーション」記者として、PCの要素技術からモバイル技術まで幅広く取材・執筆。その後「日経コンピュータ」などの副編集長を経て2015年、コンピュータ・ネットワーク局教育事業部長。ITエンジニア向けセミナー事業や文教市場向けサービスに携わる。その間、医療とICTの最前線に迫った書籍「スマホで始まる未来の医療」など編集。ICT×教育、ICT×医療などICT利活用による業界の変化に興味。2017年4月より現職。