• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 【記者の眼】

    「空気を読む」ばかりでは強くなれない

     「空気を読めよ」。こんな言葉で失言や失態を指摘された記憶はあるだろうか。器用だったり人好きのする性格だったりすれば、記憶にないかもしれない。筆者もときどき言われるが、あまり気にしていない。

編集部お薦め記事

速報

速報の一覧へ

新着

新着記事の一覧へ

注目記事from ITpro Active / Marketing / Success

ITpro Activeへ

ニュース解説新着

  • Rubyはデータサイエンスで生き残れるか(2017/5/24)

     世界で利用されている国産プログラム言語「Ruby」が、機械学習や人工知能(AI)開発の盛り上がりを前に正念場を迎えている。米Googleなどを後ろ盾に「Python」が同分野でソフトを充実させる一方で、Rubyの存在感は薄い。5月19日に開かれたワークショップでRuby開発者達は危機感をあらわにした。

  • 2万人不足のセキュリティ人材、育成にあの手この手(2017/5/24)

     日本国内の企業・団体でセキュリティ人材の育成に力を入れる動きが相次いでいる。取り組みを始めた各組織に共通するのは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックをひかえ人材不足が深刻化する恐れへの危機感だ。

ニュース解説の一覧へ

記者の眼新着

  • 「空気を読む」ばかりでは強くなれない(2017/5/24)

     「空気を読めよ」。こんな言葉で失言や失態を指摘された記憶はあるだろうか。器用だったり人好きのする性格だったりすれば、記憶にないかもしれない。筆者もときどき言われるが、あまり気にしていない。

  • ソフトバンク10兆円ファンド、設立の決め手は「水晶玉」(2017/5/23)

     ソフトバンクグループが、サウジアラビアの政府系ファンドなどと設立した10兆円規模の巨額ファンド。米トランプ大統領の中東訪問に合わせて発表する派手な演出で華々しくスタートすることになった。ソフトバンクの孫正義社長が設立を決めたきっかけは、ある出来事だった。

記者の眼の一覧へ

今週の特集

先週以前の特集

特集の一覧へ

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る